お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

話し上手な人の4つの特徴とは。会話で使える簡単テクニック集

丸山りさ(まる)

話し上手は聞き上手! 聞き上手になる方法

話し上手を目指したいのであれば、同時に「聞き上手」にもなる必要があります。話し上手な人は総じて聞き上手であるためです。

前述した通り、会話は「キャッチボール」です。話すことばかりを考えるのではなく、相手の話を聞く・引き出すことも重要。聞き上手を目指すのは、話し上手になるよりももっと簡単です! ここからはその方法を解説します。

(1)相手に興味を持つ

自分に関心を持って話を聞いてくれる人に対して、悪いイメージを抱く人はほとんどいません。

日本人に人見知りが多いということは、相手も人見知りで会話が苦手な可能性もあるということ。「聞かれなければ自分のことは話さない」という人は珍しくありません。

相手に何を聞けばいいのか分からない……という場合は、5W1Hという会話で使えるフレームワークを意識してみてください。これは「誰が」「いつ」「どこで」「何を」「なぜ」「どのように」を表す英語の疑問詞の頭文字の略称です。

自分が話す時も意識したい言葉ですが、相手から話を聞き出したい時にはこの言葉に沿って話を聞いてみると良いでしょう。

(2)否定ではなく肯定しながら聞く

誰でも、自分のことや自分の話を否定されるのは嫌なものです。会話の最中に「それは違う」と言いたくなる時や、思うことは多々あるでしょう。しかし、ストレートにそれを相手に言ってしまうのはNGです。

いろいろな考えがあって当たり前ですから、自分からすれば「間違っている」と思うようなことがあっても、「そういう考え方もある」とまずは受け入れてみましょう。

相手を受け入れた上で、否定はせずに「私ならこう考える」と伝えることができれば100点ですね。

(3)適切に相づちを打つ

聞き上手になりたいなら、相づちを使いこなせるようになりましょう。黙って相手の話を聞いていると、相手はきちんと聞いてくれているのか不安になります。

とはいえ、相づちばかりをしていると「聞き流している感」が出てしまうので要注意です。

適切な場所で相手の話に合った感情で相づちを打つのが、聞き上手になる秘訣ですよ。

(4)相手の会話を復唱する

「相手の話をオウム返しする」というのも使えるテクニックです。

「この間、旅行に行ってきたんだよね」と言われたら「旅行に行ったんだ、良いな」といった風に、オウム返し+自分の感想で返すと、会話がスムーズに進みます。

「旅行に行ったんだ、どこに行ったの?」など、オウム返し+質問をしてみるのも会話が弾むテクニックの1つです。

(5)質問の仕方を工夫する

聞き上手と呼ばれる人は、相手の話を引き出すのが上手です。会話の中でも相手に対して質問をうまく投げかけます。

質問には「オープンクエスチョン」と「クローズドクエスチョン」という2種類があり、ビジネスシーンではこれらを意識して質問を投げかける人も多いでしょう。この2種類の質問を使い分けてうまく相手の話を引き出してみてください。

「オープンクエスチョン」とは

「○○についてどう思う?」「○○についてどうする?」など、相手が自由に自分の考えや思いを答えられる質問を「オープンクエスチョン」といいます。

相手から、より多くの情報を聞き出したい時に使える質問方法ですね。答える範囲を制限しない質問です。

「クローズドクエスチョン」とは

「AとB、どっちが良い?」といった答える範囲を制限した質問を「クローズドクエスチョン」といいます。また相手が「はい」か「いいえ」のみで答えるような質問も「クローズドクエスチョン」ですね。

相手の考えを明確にしたい時に使える質問の仕方ですが、やり過ぎると、「追いつめられている」「誘導尋問みたい」と思われるので注意が必要です。

(6)テレビの司会者を参考にする

話し上手・聞き上手な人のイメージがよく分からない場合は、バラエティ番組など、テレビの司会者を見てみると良いでしょう。

司会者というのは、相手の話を引き出すのがとても上手です。聞き上手だからこそ、話を引き出すことができ、話し上手だからこそ、その話を広げることができるのです。

質問の仕方や、相手の話のどこに注目しているかなど、参考にしてみるのもおすすめです。

次ページ:話し上手な人は聞き上手な人

SHARE