お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

手のひら返しする人の特徴4つ。されないための対策

大塚統子(心理カウンセラー)

手のひら返しをしてしまう心理

「人の気持ちを想像できない人」と思われがちな、手のひら返しをする人。

では、どうして手のひらを返すようなことをしてしまうのでしょうか? その心理に迫ります。

(1)被害者意識が強い

プライドを傷つけられたとか、自分を否定されたとか、「自分は被害者だ」という受けとめ方をしやすい人は感情的になりやすい傾向があります。

「自分は嫌な目に遭わされた」と思っている状態では、周囲を思いやる心の余裕をなくしてしまいがちです。

その結果、自分の感情をコントロールできずに感情のまま振る舞ってしまい、それが手のひら返しにつながる場合もあるでしょう。

(2)人を信じられない

手のひら返しをする人は、何かの理由で人間不信があって、恐れが強い状態にある場合も。

自分を守るためには、打算的になったり、権力のある人に媚びたりしなければならないと思っている可能性があるでしょう。

(3)自分に正直

良く言えば「自分に正直」、悪く言えば「自分のことしか考えられない」から手のひら返しをしてしまうのです。周囲からは「信念がない」とも思われがちでしょう。

しかし、見方を変えれば、素直に「良いものは良い」と受け入れることができ、変化に柔軟な面もあるといえます。

(4)自分に自信がない

自分に自信がないために、発言や決断が右往左往する場合もあるでしょう。

このタイプはプレッシャーに弱く、一度決まったことを後から変えようとしたり、結論を先延ばししたりすることが多いです。その結果、悪意なく周囲を振り回してしまうことになります。

次ページ:手のひら返しする人への対策

SHARE