お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【例文アリ】ラブレターの書き方を解説。気持ちが伝わる一言や注意点もチェック!

natsu

すぐにまねできるラブレターの例文!

では実際にラブレターを書く時に使える例文を紹介していきます。

例文1:短くてもインパクト抜群! 「一目惚れでした」

「一目惚れでした」と言われて、嫌な気持ちがする人はあまりいませんよね。好きになった理由が一目惚れだとドキっとするのではないでしょうか。ラブレターの最初の部分に書けば、インパクト大です。

例文2:カップルにもおすすめ! 「気付いたら好きになっていました」

元々親しい間柄なら「気付いたら好きになっていました」というニュアンスがおすすめです。友達としての関係だったのに、いつの間にか特別な感情を抱いていたということが分かります。

カップル同士で特別な日に渡すラブレターでも「気付いたら大好きになっていました」と、今までよりも好きになっていたという気持ちを込めて書くと良いでしょう。

例文3:おしゃれに1文添えられる「I’m thinking of you all the time. 」

思いをそのまま日本語で伝えるのが恥ずかしいなら、英語にしてしまうのも一つの手です。
「I’m thinking of you all the time. 」は和訳すると、「いつもあなたのことを思っています」という意味で、カップル同士でのラブレターにも使えます。

日本語で「いつもあなたのことを思っています」と書くと少し重い感じがしてしまいますが、英文ならスタイリッシュな印象に。ラブレターの最後にこの英文を1つ添えるだけで、おしゃれな雰囲気にもなりますよ。

次ページ:ラブレターで気持ちを伝えてみて

SHARE