お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【例文アリ】ラブレターの書き方を解説。気持ちが伝わる一言や注意点もチェック!

natsu

ラブレターを書く時の注意点

続いて、ラブレターを書く時に失敗しないよう注意するべきポイントを解説していきます。

シンプルな便箋に丁寧な字で書く

書く内容だけではなく、便箋や封筒にもこだわりましょう。便箋や封筒の色やデザインを変えるだけで、ラブレターの印象が大きく変わります。派手な色やデザインよりも、シンプルなものがおすすめです。

なぜなら、シンプルなデザインの方が、内容だけに集中してもらいやすいというメリットがあるからです。

また、文字は丁寧に書き、誤字脱字がないようにすることが大切です。無理にきれいな字にする必要はありませんが、丁寧に1文字1文字、気持ちを込めて書いていきましょう。

途中で間違ってしまったら、修正テープなどを使うよりも、新たに書き直すほうが印象が良いです。

時間を置いて読み返してみる

ラブレターを書き終わったらすぐに渡すのではなく、時間を置いて1度読み返してみましょう。書く時はつい気分が盛り上がり、一気に書き上げてしまいがちです。後で読み返してみると恥ずかしい内容になっていたなんてことも。

ラブソングの歌詞のようなポエムチックな内容のラブレターを渡してしまうと、相手にドン引きされてしまうこともありえます。自分ではうまく書けたと思ったとしても、時間を空けて冷静な気持ちで読み返すことをおすすめします。

関係ができてからラブレターを書く

好きだという気持ちが先走りすぎて、特に相手との関係ができていない状態でラブレターを書くのは控えましょう。全く知らない相手からラブレターをもらっても、受け取った側は困ってしまうかもしれません。

まずは顔と名前だけでも覚えてもらえるようになってから、ラブレターを渡した方がいいかもしれません。

共通の友人がいるなら紹介してもらったり、知り合いがいないなら顔を合わせる機会を増やしてみたりと、ラブレターを書く前に「知り合い」程度の仲になっておいたほうが良いでしょう。

次ページ:すぐにまねできるラブレターの例文!

SHARE