お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【例文アリ】ラブレターの書き方を解説。気持ちが伝わる一言や注意点もチェック!

natsu

うまく気持ちを伝えられるラブレターの書き方

ここからは、気持ちを伝えられるラブレターの書き方を解説していきます。

最後まで読んでもらえる書き出しにする

ラブレターの書き出しは、最後まで読んでもらうためにも重要な部分です。少し堅い感じはしますが「突然手紙を渡して、驚かせてごめんなさい」といった書き出しだと、真剣な思いが伝わりやすいでしょう。

「手紙を読んでくれてありがとう」といった感謝の気持ちを書いてもOKです。相手を思いやるような内容で書き始めれば、相手もうれしい気持ちになりそのまま読み進めてくれる可能性が高まります。

また、相手との関係があまり深くない段階でラブレターを渡すなら、自己紹介を忘れずにしておきましょう。

簡潔にまとめ、見やすくなるよう心掛ける

思いつくままに気持ちを書き出していくと文章がどんどん増え、長々としたラブレターになってしまいがちです。あまりに長いと読みにくく、最後まで読む気がなくなってしまいます。また、長文すぎるラブレターは、重い印象を与えてしまいます。

目安としては、便箋に1枚から2枚ほどでまとめるのがおすすめです。

ボリュームが適切でも、細かな字でぎっしりと詰まっていては読む気が失せてしまいますよね。読みやすくなるように、行間や改行が適切かどうかにも注意しましょう。

好きという気持ちをはっきりと書く

ラブレターを書くとなると、さまざまな思いがあふれ出し、内容が複雑になってしまうことがあります。いろいろな要素を盛り込みすぎて、結局何を言いたいのか分からないラブレターになってしまっては意味がありません。

好きという気持ちをはっきりと書き、その後好きになった理由をまとめましょう。好きになった理由は、「ミスした私をフォローしてくれた時から気になっていました」といったように具体的に書くと相手に自身の思いが伝わりやすいです。

好きという気持ちをストレートに書くのは恥ずかしいかも知れませんが、恐れずにはっきりと伝えましょう。

次ページ:ラブレターを書く時の注意点

SHARE