お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

愛されたい症候群とは? 満たされない原因と対処法【診断付】

小日向るり子

愛される人になる方法

「愛されたい」と思うなら、愛される人になる努力も必要です。最後に、その方法をお伝えします。

(1)「ない」ではなく「ある」の発想を持つ

日常生活を、「ない」で考えてしまう癖がないかを点検してみましょう。例えば「今月はあと1万円しか使えない」「今日しか休みがない」など。

しかし、それを「今月あと1万円ある」「休みがあと1日ある」といったふうに「ある」で考えていくと、既に十分与えられていることに気付きます。

そうすることで、気持ちが前向きになり、そんなポジティブさが周りの人に愛される要素となっていくでしょう。

(2)好きなものを好きという

「愛されたいと願うなら、まず自分から愛すること」は前述しましたが、自分から愛し、さらにそれを相手に伝えるのは恥ずかしいと躊躇してしまう方も多いのではないでしょうか。

ですので、まずは好きなものを「好き」ということを意識してください。

例えば、「高尚な趣味でないから言うのは恥ずかしい……」と考えてしまう人は意外と多いのですが、人に迷惑をかけなければ「好き」は自由です。

自分の好きを堂々と言えるようになると、好きの対象が人になってもそれを伝えられるようになります。愛は待つだけではなく、伝えた方が返ってくる確率が上がるのです。

(3)一人で受け入れる

何でも一人で耐えることが良いということではありません。つらい時にSOSを出すこともとても大切です。

ただ、自分が「愛されたい症候群」の気質がありそれを直していきたいと思うのでしたら、つらさや寂しさを感じた時に「一人でその感情を受け入れる」という力を身に付けることも必要です。

愛されたい症候群の人は、愛をもらえたことが強烈な成功体験となり「もっと、もっと」とエスカレートしていきがちです。しかし、相手の与えられる限界はあります。「もう無理!」とバーンアウトされてしまったら戻ることは困難ですし、自分も深く傷つきます。

ですので、愛されたいのであれば、過度に欲しがる気持ちを抑えて耐える時間も大切なのです。

次ページ:自分から愛していくことも忘れないで

SHARE