お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「言わずもがな」の意味と語源は? 使い方や例文・言い換え表現を解説

前田めぐる(ライティングコーチ・文章術講師)

「言わずもがな」を使う上での注意点

「言わずもがな」は、「言うまでもない」「言わない方がいい」という2つの意味を持っているため、誤解を生みやすい側面もあります。

ここでは、「言わずもがな」を使う上での注意点を紹介します。

前後の文脈に配慮すること

「言わずもがな」のように2つの意味を持つ言葉をビジネスで使う際には、特に注意が必要です。

なぜなら、意図したニュアンスが必ずしもそのまま相手に受け止められるとは限らないからです。

意味の取り違えが起こらないよう、前後の文脈に配慮して使いましょう。

例えば、商談などで「見識が深いあなたにわざわざ言うまでもない」という意味で使いたい場合、単に「あなたには言わずもがなですね」では言葉不足です。相手によっては「あなたに言ってはいけない」という意味で受け取られることがあるからです。

その場合「経験の深い方には、言わずもがなですね」と言う方が、誤解を与えずに済むでしょう。

目上の人に使うのは避けること

「言わずもがな」が目上の人にも使える言葉なのかどうかの答えは、その意味から判断すると明らかです。目上の人に使わない方が無難でしょう。

例えば、上司の言葉に対して「言うまでもない」という意味で「言わずもがなですね」と部下が返したとしましょう。

部下は、自分が十分に納得していることを示したいのですが、上司にしてみれば、「言うまでもない=余計なお世話」と言われたように感じる可能性があります。

前段でも触れた通り、「言わずもがな」は意味の取り違えにより相手に不快な思いをさせてしまう場合があるため、特に目上の人への使用は避けた方が無難でしょう。

次ページ:「言わずもがな」はどんな時に使えるの?(例文付き)

SHARE