お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

若く見える人の特徴9つ。見た目だけの問題じゃない!

みくまゆたん(恋愛コラムニスト・占い師)

若く見える人を目指すには?

若く見える人になるためには、普段からどのようなことを心掛けるといいでしょうか?

最後に、若く見える人からまねできる、生活習慣や行動を紹介します。

(1)若作りをしない

若く見える人ほど、下手に若作りをしません。その歳の自分に合う服の中で、自分をより良く魅せるアイテムを見つけるのが得意なのです。その心掛けが、かえって実年齢より少し若く見える効果につながっているのでしょう。

逆に、無理して若作りしようとしてしまう人ほど、自分に似合わないような色を使うなどといった無理をしてしまいがちに。

その無理は、違和感となってファッションに表れてしまい、逆に老けて見える原因になることも。できれば、自分の年齢層をターゲットにしたファッション誌を参考にするのがおすすめです。

(2)自分より若い人と関わる機会を増やす

「類は友を呼ぶ」ということわざがあるように、一緒にいる人が若いと、自分自身もどんどん気持ちが若返っていきます。

無理をして交友を広げる必要はありませんが、「若い人たちだけでどうぞ。私はおばさんだから……」などと自分を卑下して、誘われた飲み会に参加しないなどはやめましょう。

(3)しっかり眠る

若く見える人は、健康的で規則正しい生活を送っている傾向があります。特にしっかり睡眠を取ることは、肌を健やかに保つ上で重要なポイントともいわれています。

スキンケアにお金をかけられないとしても、睡眠時間だけはしっかり確保しましょう。

(4)アクティブな趣味を始める

マラソン、登山、スノーボード、ロードバイク、ダンス、ジム通いなどなど。筆者の周囲にいる若見えする方々は、いくつになっても運動をしています。

運動すると体力が付くので、いつまでも元気で若々しく過ごせるようになります。運動が苦手な人は、ウォーキングから始めてみましょう。

次ページ:今日から実践してみよう!

SHARE