お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

嫉妬してしまう自分が嫌い。ネガティブな感情を手放す方法

大塚統子(心理カウンセラー)

嫉妬した時に気持ちを落ち着ける方法

「嫉妬なんてしない」と思っても、嫉妬はするものです。そんな時に気持ちを落ち着ける対処法を紹介します。

(1)大切にしてもらった記憶を思い出す

嫉妬している時、自分が相手から大切に思われていることを忘れがちです。自分のために彼氏がしてくれたことを思い出してみましょう。

一般的に、女性は気持ちと言葉で愛情を示してほしいと思うのに対して、男性は行動で愛情を示そうとします。そこで、毎日連絡をくれる、忙しいのに会う時間を作ってくれる、拗ねても去って行かないなど、彼の今までしてくれた行動を思い出し、深い愛情を感じてみてください。気持ちが落ち着くはずです。

(2)自分に自信を持つ

自分で自分を嫌っていると、「こんな自分は嫌われる」と感じます。逆に、自分を好きになるほど、「愛されるにふさわしい」と思えて、嫉妬から抜けやすくなります。

そこで、まずは、自分の魅力を自覚しましょう。誰かと比べる必要はありません。何が魅力かは、自分の基準で自由に認めていいのです。

(3)信頼する人に相談する

嫉妬している時は、最悪の妄想をしています。冷静に考えたらあるはずがないことも、自分では打ち消せなくなっているのです。

そこで、信頼できる人に話して意見を聞いてみましょう。話すことで感情を解放すると、「そんなに心配しなくていいのかも」と緊張が緩むでしょう。

次ページ:過度な嫉妬をしないためのコツ

SHARE