お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「主体性」とは結局何? 意味と主体性を持つ5つの方法

ぱぴこ

主体性を持つためのコツ

主体性が必要とされる理由は分かってきたでしょうか? ただ、あった方が良いのは分かっても、主体性を持つにはどうすればいいのかが分かりませんよね。

最後に、主体性を持つコツを3つ紹介します。

(1)「やります」と言う

主体性のある人と無い人の一番大きな違いは、「私がやります」の一言が言えるか言えないかの違いです。

瞬発力とチャレンジ精神の違いです。手を挙げるための自信の有無や、能力の有無もありますが、一番大きいのは結局「やります」の一言が言えるかどうか。

「手を挙げて失敗したら……」「面倒だしいいや」と考えず、まずは「手を挙げる」ことをゴールにして実行するように務めましょう。

仕事は考えるよりやった方が早いことが多いです。「成功させる」ではなく、「やると言う」点をゴールにすることで、少しずつ主体的に行動することが身に付きます。

(2)他人は「自分にそれほど興味が無い」と理解する

主体性を持った行動とは、ある意味目立つ行為ともいえます。行動する過程で失敗を恐れたり、目立ちたくないと心配したりする人も多いですよね。

「自信を持て」「失敗を恐れるな」というご提案もできますが、人より心理的なブレーキが掛かりやすい人も確かにいます。

ですので、そんな人はマインドセットを変えましょう。「人間は対して他人に興味が無い」と認識し、過剰に他人を意識してしまう部分を書き換えるのです。

「自分が“やります”と手を挙げた時に、周りの人はどう思うのかな……」と不安になった時は、「みんな自分のことでいっぱいいっぱいだから、私のことなんて気にしていないか」と考えてみましょう。

(3)達成可能なゴール設定を作り、成功体験を積む

主体性も持つには自分に自信を持つことが必要で、その自信を得るには成功体験を積むしかありません。

そこで、小さなゴールをたくさん作り、それを達成して、自分に「できた」と思わせる機会を増やしましょう。

例えば、いつもより5分早く起きる、通勤時間に必ず勉強アプリを開くなど、「絶対に達成できるものを目標において続ける」を繰り返します。

ある程度習慣化したらハードルを上げるということを繰り返していくと、少しずつ自分への評価が「何でもやればできる人」変わりますし、思ってもいなかった大きな目標が達成できることもあります。

主体性という言葉にビビらず、自分ができる範囲を広げていく

主体性とは、究極的には「あの人なら大丈夫」「何とかしてくれるでしょう」と思ってもらうこと。その「大丈夫」とか「何とかしてくれる」の範囲を広げていくことが成長ともいえます。

受け身でいるのは一見ラクに見えて、リスクでもあります。なぜなら、自分の決定権を他人に預けてしまっているから。

このリスクに気付き、「いつまで経っても何もできない」という状態にならないよう、主体性を身に付けて、自由に仕事を進めていける人材を目指しましょう。

(ぱぴこ)

※画像はイメー

※この記事は2020年11月19日に公開されたものです

ぱぴこ

外資系ときどき激務OLコラムニスト。オシャレとズボラの狭間に生息し、ストレスを課金で潰すことに余念がない。趣味はNetflix、お酒、豚を塩漬けにすること。目標はゆとりのある生活(物理)。
Twitter:@inucococo
この著者の記事一覧 

SHARE