お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「とんでもございません」は間違い? 正しい敬語表現と使い方・例文

前田めぐる(ライティングコーチ・文章術講師)

「とんでもございません」に代わる謙遜表現

謙遜の言葉である「とんでもございません」に代わる言い換えの言葉を紹介します。

褒めてくれた相手に対して、どのような気持ちを伝えたいかによっても、選ぶ言葉が変わりますね。

「恐縮です」

恐縮している気持ちを表す時に使います。

例文

・お褒めいただき、恐縮です

「もったいないお言葉です」

褒められたことを「もったいない」と表すことで、相手に対する敬意も表せます。

例文

・ありがとうございます。もったいないお言葉です

「温かく、励みになります」

褒められてうれしい気持ちを率直に伝える言い方です。

例文

・お言葉温かく、励みになります

「お褒めに預かり光栄です」

フォーマルな場にもぴったりです。光栄に思う気持ちを表しています。

例文

お褒めに預かり光栄です。さらにご期待に応えられるよう頑張りたいと存じます

正誤を知った上で使う「とんでもございません」

「とんでもございません」という言葉の変遷は、伝統的用法でなくても慣用的に使われ続けると市民権を得るという見本です。

普段は「とんでもございません」を使っても問題はありませんが、公式な場では「とんでもないです」「とんでもないことです」を使い、臨機応変に対応するのがいいでしょう。

(前田めぐる)

※画像はイメージです

※この記事は2020年10月30日に公開されたものです

前田めぐる(ライティングコーチ・文章術講師)

コピーライターとして長年「ことば」に関わってきた経験値を元にまとめた「ほどよい敬語」(https://ameblo.jp/comkeigo/)が好評。過剰さや不適切さを排し、明快に説く内容は「違和感の理由がわかりスッキリした」と質問サイトなどでたびたび引用される。

自治体・団体・医療機関向けSNS活用、文章術研修の講師でもある。

著書に『この一冊で面白いほど人が集まるSNS文章術』(青春出版社)『前田さん、主婦の私もフリーランスになれますか?』(日本経済新聞出版社)『ソーシャルメディアで伝わる文章術』(秀和システム)など。公益社団法人日本広報協会アドバイザー。

この著者の記事一覧 

SHARE