お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「インタラクティブ」の意味って? 使用例とよく見る表現

藤田尚弓

「インタラクティブ」の使用例

続いて、ビジネスシーンでの使用例を見てみましょう。

社内会議で使われる「インタラクティブ」の使用例

【例文】

「会議はもっとインタラクティブにするべきだ」。

決裁者の承認を求めるだけといった形式的な会議は、一方的なコミュニケーションとなります。そうではなく、参加者それぞれがコミュニケーションを取り、有意義な会議をしたいという意味合いになります。

業務施策で使われる「インタラクティブ」の使用例

【例文】

「消費者との良好な関係性を維持し、ファンを増やしていくにはインタラクティブな施策が重要です」。

テレビCMや雑誌の広告などは、企業から消費者へ向けた一方的なコミュニケーションです。これに対し、SNSなどを用いたPRは、消費者からの書き込み、シェア、いいね! などがあるため、インタラクティブな施策といえるでしょう。

どちらの例文でも、「双方向にやり取りをする」といったイメージを持っておくと理解しやすく、使いやすくなります。

次ページ:よく見る「インタラクティブ」を用いた表現

SHARE