お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

セックスがしたい時の対処法は? セックスしたい男女の心理と誘い方のコツ

秋カヲリ

男女で異なるセックスしたい気持ちのメカニズム

では、人はどうして「セックスしたい」という気持ちになるのでしょうか?

当然ながら人間も動物ですから、自分の子孫を残そうとする生殖本能があります。そのため性欲が生まれるのはごく自然なこと。そこに男女差はありません。

性別で違いがあるのは、「何によって性欲を感じ、セックスしたいと思うのか」です。一般的に男性は映像を、女性はストーリーを好むといわれています。つまり、男性は視覚的に興奮し、女性は心理的に興奮するということです。

セックスしたい男性心理

男性は子孫を残すにあたり、より妊娠しやすい女性を選ぶ必要があります。だから、若々しい肌や髪、健康的なくびれのある体、遺伝子が優秀だと推測される左右対称の顔などを好みやすいと言われています。

特に、男性は自分自身が妊娠するわけではないので、不特定多数に対してカジュアルに性欲を感じ、「たくさんの人とセックスしたい」と考えることも珍しくありません。

参考記事はこちら▼

セックスがしたくなる男性心理をさらに深堀します。

セックスしたい女性心理

女性も同じように健康的で美しい男性を好みますが、安心して子育てできるかも重要視します。ですから、男性がきちんと家庭に帰ってくる誠実さや堅実さを持っているか、十分家族を養っていける経済力があるかなど内面的な魅力も重視します。

また、女性は一度にたくさんの子どもを妊娠できるわけではないので、より優秀なパートナーを選ぼうと慎重になり、男性より「セックスしたい」と思う頻度は少ない傾向があります。

参考記事はこちら▼

女性がセックスに対して抱く本音のあれこれをアンケート調査しました。こっそりチェックしてみましょう!

▶次のページでは、相手をセックスしたい気持ちにさせるテクニックについて、男女別に解説します。

彼氏や男性を「セックスしたい」気持ちにさせるテクニック

では、彼氏とセックスしたい時、女性からどうアプローチすればいいのでしょうか? 男性を心理的に興奮させて「セックスしたい」と思わせる方法を4つ解説します。

(1)セックスする時しか裸を見せない

前述した通り、男性はできるだけ多くの女性と自分の子孫を残したいと考える生殖本能があるので、新しく出会った女性にときめきやすい傾向があります。

とはいえ、どんな相手であっても、付き合いが長くなるとずっとときめくような初々しい関係でいるのは難しいですよね。

そこで死守すべきは「裸の新規性」です。仲が良いからといって毎日一緒にお風呂に入ったり目の前で着替えたりして裸を見せ過ぎると、あなたの裸の希少価値が下がり男性はあまりときめかなくなります。

なので、セックスする時以外は自分の裸を見せないようにして、男性の「もっと見たい!」という気持ちを持続させられるようにしましょう。

(2)くびれを強調する

美しいくびれを持つ女性は、男性からモテる傾向があります。なぜなら、くびれは若さの象徴であり妊娠してないことのサインでもあることから、妊娠しやすさの指標としても見られるからです。

そのため美しいくびれのある女性を見ると、男性は本能的に「セックスしたい!」と感じやすいのです。

バストとヒップにほどよく脂肪があり、ウエストはキュッと引き締まっているボディメイクを日常的に心掛けましょう。そして、デートをする日はウエストの細さがよく分かる、くびれを強調したファッションにするといいでしょう。

(3)競争本能を刺激する

男性は競争本能が強く、勝ち残って一番になりたいという欲求があります。もちろん恋愛においても追われるより追いかける方が俄然やる気になる人が多いです。

なので、付き合っている彼氏に対しても、たまには競争本能を刺激するようなことをしてみてください。すると、男性はあなたを「もっと自分のものにしたい」と思って性欲を感じやすくなるでしょう。

男性は「自分より体格が良い男性」を見ると危機感を抱く傾向があります。なぜなら、体格が良い男性の方が肉体が強く、頑張らないと競り負けてしまう気がするからです。

そこで、テレビなどで体格の良い芸能人を見て「かっこいい!」と言ったり、「最近この人にアプローチされて困ってるんだよね」と言ってみたりして、適度に嫉妬心を抱かせましょう。ただ、やり過ぎると危険なのでほどほどに!

(4)赤い物を身に着ける

赤い色は動物の性的欲求を示すカラーで、発情期に体の一部が赤くなる動物は少なくありません。また、男性の生殖本能に直接訴えかけるマジックカラーでもあるのです。

心理学では、女性ほど赤い物を身に着けると、性的な魅力が高まるといわれています。なので、真っ赤でなくてもいいので、赤系の服や口紅、アクセサリーや小物などを身に着けましょう。

より効果を高めるには、色味にギャップを付けること。トップスは白い服で清楚っぽさや上品な雰囲気を与え、インナーで赤をチラ見せして女性らしさをアピールする、といったギャップを見せると効果がアップします。

次のページを読む

SHARE