お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【心理学】「セックスしたい」気持ちにさせるテクニック

秋カヲリ

彼氏とセックスがしたいけど、なかなか自分から誘うのは恥ずかしいと思っていませんか? 今回は、心理カウンセラーの秋カヲリさんに、男性をセックスしたい気持ちにさせるテクニックを聞いてみました。

女性だって「セックスしたい」と思うことはもちろんありますよね。「彼氏とセックスしたいのに誘い方が分からない」と悩む人も少なくありません。

今回は、女性からどのようにアプローチすれば、男性を「セックスしたい」気持ちにさせられるのか、おすすめのテクニックや上手な誘い方を紹介します。

セックスしなくても気持ちを満足させられる方法まで解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

男女で異なるセックスしたい気持ちのメカニズム

では、人はどうして「セックスしたい」という気持ちになるのでしょうか?

当然ながら人間も動物ですから、自分の子孫を残そうとする生殖本能があります。そのため性欲が生まれるのはごく自然なこと。そこに男女差はありません。

性別で違いがあるのは、「何によって性欲を感じ、セックスしたいと思うのか」です。一般的に男性は映像を、女性はストーリーを好むといわれています。つまり、男性は視覚的に興奮し、女性は心理的に興奮するということです。

男性は子孫を残すにあたり、より妊娠しやすい女性を選ぶ必要があります。だから、若々しい肌や髪、健康的なくびれのある体、遺伝子が優秀だと推測される左右対称の顔などを好みやすいと言われています。

特に、男性は自分自身が妊娠するわけではないので、不特定多数に対してカジュアルに性欲を感じ、「たくさんの人とセックスしたい」と考えることも珍しくありません。

女性も同じように健康的で美しい男性を好みますが、安心して子育てできるかも重要視します。ですから、男性がきちんと家庭に帰ってくる誠実さや堅実さを持っているか、十分家族を養っていける経済力があるかなど内面的な魅力も重視します。

また、女性は一度にたくさんの子どもを妊娠できるわけではないので、より優秀なパートナーを選ぼうと慎重になり、男性より「セックスしたい」と思う頻度は少ない傾向があります。

次ページ:彼氏を「セックスしたい」気持ちにさせるテクニック

SHARE