お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【イライラを抑える方法】即効性あり! 心が落ち着く心理テクニック

秋カヲリ

イライラしてしまう心理的理由

毎回必ずイライラしてしまうこともあれば、状況によってイライラしたりしなかったりと時と場合によって受け止め方が違うこともありますよね。

私たちが抱えるイライラにはどんな心理的理由が隠れているのでしょうか。

(1)似ているからこその同族嫌悪

自分と似ている相手といると、なるべく直視したくない「自分の嫌な部分」が見えてしまい、同族嫌悪によってイライラしてしまうことも。本当は相手ではなく自分のことが嫌なのですが、長く一緒にいればいるほど相手が嫌な人間に思えてきてしまいます。

(2)「自分は我慢しているのに」というフラストレーション

遅刻や身だしなみなど、普段モラルやルールなどを鑑みて自制したり我慢したりしている行動を、誰かが堂々としていると「自分は我慢しているのに、あの人はしていない」とイライラするものです。その抑圧が強い分だけイライラしやすくなるでしょう。

(3)自尊心が低いゆえの嫉妬心

自尊心が低い人は、相手も自分の場所まで引きずり下ろすことで自尊心を守ろうとします。

そのため、自分より人気があったり能力が高かったりする人に嫉妬しやすく、職場でも自分が認めていない相手が評価されているのを見ると、「あいつなんて大したことないのに」と嫉妬心を燃やしてイライラします。

(4)「こうあるべき」と決めつける正義感

自分の中に理想があり「絶対に〇〇しなければならない」といった強過ぎる正義感を持っている人は、その理想にマッチしない状況に対して強いストレスを感じます。ほどほどの正義感は良いのですが、過剰な正義感は強迫性が強く、自分も他人も苦しめてしまうでしょう。

(5)自分が軽視されていることへの不満

上司や同僚から雑な指示出しをされたり、仕事内容を評価されなかったりすると「自分が軽視されている」と感じて不満を募らせることもあります。

「名前を呼んでくれない」「感謝の言葉が無い」など、相手とコミュニケーションする度にいら立つようになることも。

今のあなたの気持ちを診断でチェック!

【イライラ度診断】現在のイライラ度はどのくらい?

次ページ:イライラを抑える5つの対処法

SHARE