お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

嫌味を言う人の上手なかわし方&対策

小日向るり子

嫌味を言われた時の上手なかわし方&言われないための対策

では最後に、嫌味を言ってくる人をサラッとかわす方法や、嫌味を言われないための対策を紹介します。

嫌味を言われた時の上手なかわし方

(1)受け流す

最もやりやすくて平和的な対処法です。強い肯定も否定もせずに「いやあ……」とか「そうですねえ」などと適当に相づちを打って、さっと離れましょう。

(2)肯定する

相手の嫌味をそのまま肯定します。例えば「あなたが彼氏と続いているなんてすごい! 彼氏の顔が見てみたいわ」と言われたら、「そうなんです! 本当に自分でも驚いています。できた彼氏なんですよね」といった感じです。

ただし、こちらも嫌味で返したと受け取られないように、口調はソフトにしましょう。あくまでさりげなく、サラッと言ってください。

(3)本音で言い返す

嫉妬からの嫌味がひどいようでしたら、本音で言い返すこともおすすめです。

例えば「毎回会う度に洋服が違うよね」と言われたら、「それって金使いが荒いってことを言いたいの?」などと相手の言葉の裏にある本音を、ズバリと聞いてしまうのです。

ただし注意していただきたいのが、この対処法は効果も高いですが関係性が一気に冷え込む可能性もあるハイリスクハイリターンであるということ。この人との関係性を切ってもいい、またはそう伝えても大丈夫な間柄の場合に使いましょう。

(4)アドバイスをする

前項「嫌味を言う人の心理」の中で「謙遜が強い」という心理を説明しましたが、このタイプの人は嫌味を言っている自覚がありません。そのためアドバイスをしてあげると良いでしょう。

謙遜が強い人は社会的常識があって規範意識も高い人が多いので、優しく「謙遜もし過ぎると嫌味に聞こえちゃうよ」と伝えれば理解してもらえます。

嫌味を言われないための対策

(1)気弱にならない

嫌味を言うことでストレスを発散させるタイプの人は、気弱な人をターゲットにします。

なので、普段からハキハキと話す、自分の意見ははっきりと言う、話す時は相手の目を見るなどポジティブな言動を心掛けることによって、ターゲットにされにくくなります。

(2)他人の感情への配慮を忘れない

自分が発している「気取っていて嫌らしく見える態度」が、嫌味を誘発している可能性があります。

もちろん嫌味を言ってくる人に問題があるのですが、一方で自己主張が強過ぎたり自慢をしたり見栄を張ったりする人には、嫌味を言いたくなる人間の一般心理があるのも事実です。

他人の感情への配慮に欠けた言動がないか、自分自身を俯瞰して見つめる気持ちも持っておきましょう。

次ページ:相手の心理から対処法を導き出そう

SHARE