お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

僻みっぽい性格をやめたい。ひねくれてしまう心理とやめる方法

高見綾(心理カウンセラー)

僻んでしまう心理

僻みっぽい人は、なぜそんなふうに素直になれないのでしょうか。心理的な要因を解説します。

(1)自信が無い

僻みっぽい人は、自分に自信がありません。理想があっても、すぐに「私には無理だろう」と思ってしまうので、なかなか行動に結び付きません。悔しさから周りの人に文句を言うことで心のバランスを取ろうとします。

(2)自己評価が低い

僻みっぽい人は、劣等感が強いです。他人と自分を比べて、自分はダメだと思い込んでいるため、他人の優れたところを見ると、うらやましさから悔しい気持ちがたくさん出てきてしまいます。

(3)認められたい気持ちが強い

僻みっぽい人が、注目されたり特別扱いしてもらえたりするのが好きなのは、そうされることで自分の価値を感じられるから。自己評価が低いため、自分に価値があると思えないのです。そのため、他人に認めてもらいたいという気持ちが強くなります。

(4)成功体験が少ない

僻みっぽい人は、頑張ったけれど報われなかったことが多かったり、そもそもうまくいった経験が少なかったりします。

そんな自分の状況を受け入れることができないと、「自分はうまくいかないのに、何であの人は簡単に幸せになっちゃうの?」とやっかむ気持ちが出てきてしまいます。

(5)人よりも優位に立ちたい気持ちが強い

人より優位に立てたら自信が付くと思っているので、勝ち負けにこだわります。

自己評価の低さから、すでに周りの人に自分は負けていると感じている部分があるので、何としてでも勝ちたい気持ちが強くなり、相手を下げる発言をしたり、嫌味を言ってしまったりすることもあります。

次ページ:僻むのをやめる方法

SHARE