お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「甘えん坊な彼女」に対する男性の本音

ウイケンタ(コラムニスト)

甘えることが苦手な女性たち人へ。男性の本音

前項の話はあくまで「女性側に甘えん坊という自覚がある」という前提があります。ここからは甘え下手な女性について書いていきます。

甘えることが苦手な女性、多いですよね。甘えたくても、そもそもどうやって甘えればいいのか分からない長女タイプの女性、男性に甘えた姿を見せるのを良しとしない女性です。

ネットで甘え方を検索すると「黙って抱きつきましょう」や「かわいい声で甘えましょう」など色々な方法が出てきますが、甘える内容や甘え方なんか大きな問題ではないのです。

普段甘えてこない彼女が甘えてくる。信頼して、弱さを見せてくれる。それは男性にとって大きな事件なのです。言い換えると、男性にとってこれ以上ないご褒美なのです。

なぜなら、冒頭の繰り返しになりますが、多くの男性は頼られることを生きがいにしているからです。

これは極端に言うと、甘えることができないということは、男性から生きがいを奪っていることとイコールなのです。大げさに聞こえてしまうかもしれませんが、大真面目に言っています。

もしかしたら彼氏は、あなたから信頼されていないのでは、と悩んでいるかもしれません。

どうか、サービスだと思って、男性のために甘えてあげてください。

次ページ:「戦略的な甘え」が最強。甘えん坊彼女の最終形態

SHARE