お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

元カノに「会いたい」と言ってくる本当の男性心理と6つの対処法

森川陽介(心理カウンセラー・講師)

「会いたい」と言われたらどうする? 6つの対処法

では、実際に元カレから会いたいと言われたら、どのように対処したらいいのでしょうか?

「今でもカレのことが好きだからよりを戻したい!」という場合と「やり直す気はないからもう連絡をしないでほしい」という場合、それぞれについて具体的な方法を説明していきます。

よりを戻したい場合

(1)テンションを上げ過ぎず、下げ過ぎない

うれしさのあまりテンションを上げてガツガツしてしまうと彼を引かせてしまいますし、反対にクールな返事では「脈なし」と思われてしまいます。

「連絡をもらえてうれしい」と素直に伝えつつ、もう一度彼との関係をゆっくりと築いていきましょう。

(2)今の彼をちゃんと見る

よりを戻したいと思うからには昔の彼に対する良い思い出があるということ。もう一度彼とのお付き合いを始めるためには、思い出の中の彼ではなく、今の彼をちゃんと見て自分の気持ちがときめくかが大切です。

もちろん彼に他の女性の影がないかは要チェック!

(3)彼も自分も変わる意欲を持てるか、確認する

一度は別れを選択した二人ですから、何かしらすれ違ったポイントがあるということです。

別れの理由が何であったにせよ、「許せなかった相手の嫌な部分を愛する意欲」、「より良い自分になるために自分を成長させていく意欲」この二つをお互いが持てるか確認することが大切です。

よりを戻したくない場合

(1)しっかり、会いたくないと伝える

よりを戻したくない場合の彼への対応は一つだけ。NOをはっきりと伝えることです。

だらだらと曖昧な関係を続けても結局は自分を傷付けるだけなので、自分の気持ちに向き合う時間を取ってNOという結論に達したら、相手にも自分にも一貫した姿勢を貫きましょう。NOを言ってもしつこい彼はスルーでOK。

(2)伝えた後は過去の関係に感謝する

元カレとよりを戻したくない場合、恋愛に嫌なイメージを残している場合があります。

会い たくないとはっきり伝えたら、恋愛に対する嫌なイメージを自分の中に残さないよう、元カレとの関係の中で感謝できる部分を探して「ありがとう」と思うようにすることがポイントです。

(3)NOを言えた自分をたくさん褒めてあげる

彼との関係に感謝することができたら、そんな自分をたくさん褒めてあげましょう。心の中に一本スッと軸ができて、一段と魅力的な女性になった自分を褒めてあげたら、きっと次の幸せな恋がやってくるでしょう。

大切なのは感謝の気持ち

よりを戻すにしろ戻さないにしろ、大切なことは、「今のあなたが彼をどう思っているか?」という感情についてしっかり向き合う時間を作ることです。

大事なのは、「彼があなたをどう思っているか?」ではなく、「あなたが彼をどう思っているか?」です。

そして、どちらを選択するにしても、最後は「彼への感謝の気持ち」を10個書き出してみることをおすすめします。これは彼と付き合ってきた期間の自分自身を肯定するための心理的プロセスにもなります。

10個目の感謝は、「今までありがとう。これからもよろしくね!」でしょうか? それとも、「今までありがとう。さようなら!」でしょうか?

どちらの結論にせよ、そんな感謝の気持ちが、あなたを次のステージに進めてくれるのかもしれませんね。

(森川陽介)

※画像はイメージです

※この記事は2020年05月17日に公開されたものです

森川陽介(心理カウンセラー・講師)

カウンセリングサービス所属
2カ月先のセミナーが満席になる人気カウンセラー。売れっ子写真家時代にお酒でボロボロになった人生を、妻との関係性を修復することで立て直してきた経験から、男女関係のお悩み(恋愛、結婚、失恋、浮気など)を解決することを得意としている。また、最近ではカウンセリングサービスの母体である神戸メンタルサービスYouTubeチャンネルで配信されている「恋愛心理学」のレクチャー動画も好評を博している。
森川陽介のブログ
この著者の記事一覧 

SHARE