お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「かまととぶる」はぶりっ子スキルの一つ! その言葉の意味と特徴

ラブホの上野さん

ぶりっ子5原則

皆さまがぶりっ子を目指す目指さないにせよ、どのような女性が男性から見てぶりっ子に見えるのかを知っておいて損はないでしょう。

ずばりぶりっ子になるには5つの原則が御座います。この原則さえマスターすればぶりっ子になるもならないも自由自在でしょう。

それでは早速5つの原則を紹介させていただきます。

原則1:頼る

男性を頼るのです。「ばかな女性はモテる」と言われることがありますが、これはばかだからモテるのではなく、ばかなふりをして賢く男性を頼るからモテるのです。

原則2:褒める

手当たり次第に褒めまくる。根拠なんか「えー、なんかいいと思ったの」で構いません。

そもそも褒める内容が事実かどうかなんてどうでもいいのです。男性からすれば「この子は俺のことを褒めようとしている」ということさえ分かれば問題ありません。

重要なのは「褒める気がある」という気持ちを伝えることであり、褒める内容では御座いません。

原則3:照れる

照れる女性がなぜモテるかといえばこれは非常に簡単です。

女性は、ほぼ好きな人の前でしか照れません。少なくとも嫌いな相手に対して照れる人はいないでしょう。

相手の前で照れるというのは、男性に「(少なからず)好意があります」と伝えているようなものなのです。

原則4:触れる

ボディータッチ。男性から好かれたいと思っているのにボディータッチを駆使していない女性がいるとすれば、それは話しかけもせずに女の子と付き合おうとしている男性と変わりません。

それほどまでにボディータッチは効果的なのです。

よほどのモテ男でもなければ男性は女性と気安く触れ合う機会などほぼ御座いません。ですので、相手に触れるだけで簡単に異性として見てもらうことができるでしょう。

原則5:よく笑う

自分にたくさん笑顔を向けてくれる。それは男性にとって好意の証になります。

こんな簡単なことで勘違いするなんて……と思う方も多いかもしれませんが、逆に言えばそれほどまでに男性は女性から笑顔を向けられていないのです。

参考記事はこちら▼

あなたはぶりっ子? ぶりっ子の度合いを診断します。

次ページ:モテたければぶりっ子に学べ

SHARE