お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

仕事で必要なスキルはどんなもの?取得方法も合わせて紹介

仕事で大切なのはスキルアップ。いつまでも入社当初の状態では人に迷惑をかけますし、自身のモチベーションも下がるでしょう。スキルアップするには仕事に必要な資格取得だけでなく、コーチングスキルやセルフマネジメント力によって人間力を高める方法もあるんです。今回は、人間力を高めるスキルアップについて着目して紹介していきます。

仕事で必要になるのは、人間力を高めるスキルアップ!

仕事のスキルアップというと、技術的な資格を取ろうと考える人が多いですが、意外と重要なのが、人間力を高めるスキルアップ。おすすめは、コーチングスキルやセルフマネジメント力を養うスキルアップです。

コーチングスキルとは、簡単にいうと相手を目的達成へと導くためのコミュニケーション力。セルフマネジメント力とは、感情や仕事などの自己管理能力のことをいいます。

仕事を続けていれば、今まで部下だった人が上司の立場になることや、その逆のこともあるでしょう。そんなとき、相手に指示する難しさなどコミュニケーションに悩みが生まれることもあります。ほかにも、部下の士気を高めたり育成方法に悩んだりすることもあるでしょう。そんなときに役立つのがコーチングスキルです。

また、仕事を円滑に進めるためには、自分のメンタルが健全かどうかも大事な要因。メンタルに影響が出てしまうと、仕事のペースや職場での人間関係が悪化することもあるでしょう。そんなときに、自己管理能力ともいえるセルフマネジメント力を身につけていれば、乗り越えられるかもしれません。

コーチングスキルやセルフマネジメント力というのは、仕事上だけでなく、人との関わりを円滑にできるスキル。日常生活など幅広い分野で活かせる能力といえるのです。

人間力を高めるスキルはどうやって身につける?

人間力を高めるスキルとして知られるコーチングスキルやセルフマネジメント力は、どうやったら身につくのでしょうか。ここでは、コーチングスキルやセルフマネジメントを学ぶ具体的な方法を紹介します。

・コーチングスキルを学ぶ方法は?

コーチングスキルで大切な項目は、傾聴・質問・承認。これらのスキルを正しく身につけることで、人とのコミュニケーションがスムーズになります。

国家資格ではなく、民間の団体や協会が認定するといったものになるので、団体の講座やトレーニング研修を受講するのが簡単な方法でしょう。本やWEB、通信教育を活用して独学で身につける人もいるようです。

・独学でも学べるセルフマネジメント

セルフマネジメントとは、自己管理能力や自立といったもの。この中には、感情のコントロールやスケジュール管理、健康管理というものも含まれます。社会人として仕事を円滑に進める上で大切な能力です。

心理学に通じ、自分を客観的に見るということが大切になるセルフマネジメントは、本などを活用して独学で学んだり、講座や検定に向けての勉強で身につけたりできます。
参考:日本の資格検定

NEXT:「仕事で役立つ人間力を高めるスキル、ほかにはどんなものがある?」

SHARE