お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
PR (PR)未来への投資

独身の年収800万円と年収1000万円は、税金面でどちらが勝ち組なのか

年収がいくらなら「高収入」でしょうか。これは、人それぞれの価値観によって正解はひとつではありません。しかし税金の計算上では、高所得者とは年収1,000万円以上のことでした。この高所得が、2020年からは年収850万円以上に変更になります。
収入が多いと税金も増えます。年収850万円を境に、税金・社会保険料を差引いたお金=可処分所得はどう変わるのでしょうか。そして、税金の計算上で高収入にはならない年収800万円と、税金がより多い年収1000万円では、実質的な勝ち組はどちらなのでしょうか。

高収入は税金も高い、実際に使えるお金はいくら?

所得税は、収入が多いほど税率が高くなっています。これを「超過累進税率」と言い、たくさん稼ぐ人は税金も多く支払います。そのため、実際に使えるお金は収入よりも少ない額になります。
実際に使えるお金は、「可処分所得」と言い、次のように計算されます。

収入-(所得税+住民税+社会保険料)= 可処分所得

独身の会社員で、年収800万円のケースを考えてみましょう。
税金は、収入から所得控除を差し引いた課税所得に税率をかけて算出します。例として、所得控除は、「基礎控除」と「社会保険料控除」だけで計算します。

800万円-(45万円+45万円+113万円)=597万円
税金と社会保険料で203万円払って、自由に使えるお金は597万円です。
(金額は四捨五入、以下同)

では、年収1,000万円ではどうでしょうか。
1,000万円-(81万円+63万円+137万円)=719万円です。
税金と社会保険料で281万円払って、可処分所得は719万円です。

実はこの可処分所得ですが、増やす方法があります。
それは、税金を安くすること。同じ収入でも、税金が安くなれば差し引く金額が少なくなるので、可処分所得は増やすことができるのです。

年収800万円と1,000万円とを比べれば、同じ条件なら1,000万円のほうが税金・社会保険料を差し引いても可処分所得は多くなりました。
しかし、これだけでは年収1,000万円が勝ち組とは言えません。額面1,000万円は一見多くもらえていそうですが、手取りで考えれば、意外と少ないのです。このままの状態では、年収800万円も1,000万円もどちらも勝ち組とは言えないのではないでしょうか。

NEXT:「節税することで、可処分所得は増やせる」

みんなが読んでる人気記事 (PR)未来への投資