お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

貯金「500万円の壁」貯めるにはどんな方法がある?

貯金がなかなか貯まらず、区切りのいい500万円を目標にしていても、実際貯めるにはどうすれば良いの?と悩んでいる人は多いかもしれません。

家庭を持つ人にとって、500万円を貯めることは一つの壁ともいえるもの。普段の収支の中で500万円を貯金することは容易ではありません。だからこそ周りの人がどれくらいお金を貯めているのかといった平均的な貯金額、また効率的にお金を貯める方法も気になるところです。

そこで今回は、貯金の平均額などについて触れながら、500万円貯金する方法を詳しくご紹介していきます。

年代別の平均貯金額は?

貯金がなかなか貯まらないときは、やはり周りの人の貯金額がどれくらいなのかは気になるところです。そこでまずは、年齢別の平均貯金額について解説していきます。

2018年に実施された総務省による家計調査によれば、年代別の平均貯金額は、以下のようになっています。

20代:304万円
30代:648万円
40代:931万円
50代:1720万円
(※世帯主の年代)
参考データ:総務省「2018年総務省家系調査

「何歳なら500万円貯金しているのだろう」と疑問に思ったとき、この平均額の数値を参考にすると、20代後半あたりから30代前半あたりであることがわかります。

貯金が500万以上ある人の割合

貯金が500万円以上ある人の割合は、単身世帯の場合は全体の3割以上、複数世帯なら5割以上に及びます。

貯金額の平均や500万貯金している人の割合を踏まえると、世帯主が20代後半以上で家庭を持っているなら、やはり500万は貯金して世間的な平均を目指したいところです。

貯金ゼロの人っているの?

では次に、「貯金ゼロの人」の割合を見ていきましょう。

世帯別、貯金ゼロはどのくらいいる?

貯金ゼロの人の割合は、単身世帯であれば46.5%、複数世帯なら31.2%となっています。

単身者の場合は半分近くが貯金ゼロというのも驚きですよね。複数世帯でも3割近くが貯金ゼロとなっているため、意外と多いという印象を持つ人はたくさんいるでしょう。
ただ、この中には病気で働けない人や学生なども含まれているため、仕事をしていて貯金ゼロの人というと、実際のところはもう少し絞られてくるでしょう。

年代別、貯金ゼロはどのくらいいる?

続いて、金融広報中央委員会が実施した2018年「家系の金融行動に関する世論調査」
における年代別の貯金ゼロの割合です。

20代:45.4%
30代:39.7%
40代:42.6%
50代:39.5%
60代:26.7%
参考データ:金融庁「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査] 平成30年調査結果

年代別に見ても、半数近い人が貯金できていないことがわかります。特に20代は学生や新社会人なども含まれるため、他の年代と比べるとかなり割合は高い傾向にあります。

それでは実際に、貯金500万円を貯めるためには、どのような方法を取るのが良いのでしょうか。

NEXT:「貯金500万円の壁、貯めるにはどうしたらいい?」

SHARE