お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

諦めないで!「彼氏持ち女性」を奪うには?

マドカ・ジャスミン

LINEが肝心? 彼氏持ち女性の奪い方

今狙っている彼氏持ちの女性が先に挙げたようなタイミングだという確信を得たら、後は虎視眈々と行動していくのみ。

昔は電話やメールなど、距離を縮めるには少しばかり時間を要するツールがメインだったが、現代にはLINEという神ツールが存在する。文明の利器は思う存分使う他無い。

彼氏持ち女性を奪う手順

とにかくLINEは即レス。通話を求められたら、出来る限り応じる。

略奪の場合でも駆け引きを持ち込もうとする男性もいるが、それはあまりにもセンスが無い。恋愛スキル-250以下。現段階では彼氏という第一優先がいるので、下手に格好つけても既読スルーからのブロックでTHE END。

そんな事態を避けたいのであれば、プライドさえも意中の相手への想いに変換し、尽くして尽くして尽くしまくるようなコミュニケーションをすべきだ。一時だけでもいいので、愛の奴隷となれ。

そして、相手から「直接的に口説いてこい」といったサインが送られてきたら、全力でフィジカルに口説き倒せ。それが出来ないなら、略奪に向いていないから諦めた方がいい。

彼氏持ち女性にやってはダメなこと

口だけで有言実行しない。これは略奪愛においては間違いなく禁忌だ。

言ってしまえば、貴方と相手はロミオとジュリエット状態。あの二人だって悲劇となってしまったものの、互いに愛を囁き合いながら、きちんと行動に移した。

愛の為に死ねとは言わないけれど、自分が欲しいものがあるなら、やはりきちんと手足を動かして文字通りに奪いに行くしか方法は無い。

略奪愛を企てている男性はいても、きちんと実行出来る人は少ないと感じる。なんだかんだ言っても、人は理性的だし、臆病なのだ。

周りにバレたら……相手が裏切って彼氏にチクられたら……結局自分のもとへと来てくれなかったら……。

気持ちは大いに理解出来るけれど、散々熱い好意を示していながらも、「やっぱりやーめた!」みたいな態度を取られると相手も「は?」と思うに決まっている。

不安や恐怖を乗り越えない限り、どれだけアプローチしようが残念なことに結果は得られない。というよりも、乗り越えられない程度の気持ちならそれまでなのだ。

奪っていいのは、奪われる覚悟がある奴だけだ!

持論かつ、略奪愛成功者も口を揃えて言うのは、「奪ったから、逆に奪われる可能性も付きまとう」。

そりゃそうだろう。言い方は悪いけれど、彼氏がいながらも別の男性へと気が移るという前例が出来たのだから、次は別の男性を相手にそれが起こらないとは言い切れない。

だからこそ、略奪愛の実行には覚悟が必要不可欠だ。崖から飛び降りるまでの覚悟は必要無いけれど、自分が傷つけられる……因果応報の未来も想定していたほうがいいかもしれない。

恋愛とは時として人を心身共に殺めるものだ。生半可な気持ちで挑もうとするなら、いつか自分が身を滅ぼしてもおかしくない。

たかが恋愛、されど恋愛。誰かから愛を奪うなら、奪われる覚悟を心に決めよう。

覚悟が出来たら、もう怖いものなんて無いのだから。

(マドカ・ジャスミン)

※画像はイメージです

マドカ・ジャスミン

エバンジェリスト。1995年9月2日生まれ。2016年3月に開始した多種多様な人脈や行動力を武器としたライティングや、STD(性感染症)やHIV防止啓蒙活動も行う。その豊富な経験とユニークな着眼点から人間模様を中心とした執筆内容、独自の視点からなるツイートが若者を中心に男女問わず支持を集める。地上波TV番組雑誌への出演多数。2018年3月には、自身初となる自著「Who am I?」をKADOKAWAから出版。

ツイッターアカウント:https://mobile.twitter.com

インスタグラムアカウント:https://www.instagram.com/mdk_jasmine/

この著者の記事一覧 

SHARE