お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

浮気する? 嫉妬深い男の特徴と対処法

ウイケンタ(コラムニスト)

嫉妬深い男性との付き合い方・別れ方

相手の嫉妬深さを根本的に治す方法はありません。

唯一存在する嫉妬を軽減させる方法は、結局のところ恋人の嫉妬をどれほどの力で受け止めて、安心させてあげられるかなんですよね。

一番良い方法は彼に「自分は嫉妬している」という事実に向き合ってもらうことなのですが、前述の通り男性の嫉妬はプライドが絡んで複雑です。

大事なのはいかに男性が嫉妬しているということに向き合える場や空気を作ってあげられるか、です。

「私はあなたのこんなところに嫉妬して自分が嫌になるけど、それはあなたのことが好きだからですよ」ということを女性側から伝えてあげるのです。そうすれば男性は安心して「実は俺も……」って内省してくれると思います。

ただ、ここまで女性が折れても直る気配がない場合は別れるべきです。結婚なんか問題外。想像しただけでゾッとしませんか? この先束縛され続ける日々が半世紀続くなんて。

相手の嫉妬深さにもよりますが、別れ話は必ずカフェやファミレスなど他人の目があるところでしましょう。万が一彼が逆上することも考えて、かくまってもらえる友達も確保しておいてください。

可能ならSNSもブロックし、少しでも早く彼の目の届く範囲から自分の痕跡を消すのです。

別れ話はだいたいこじれます。最悪の場合、携帯の変更や各種アカウントの作り直し、引っ越しも考えないといけません。

嫉妬は必要な感情。対処法は「彼への愛情」

冒頭で述べた通り、嫉妬は愛情の近くにある必要な感情です。

この感情が問題になるかどうかは、あなたに彼を受け止める愛情と器があるかどうかによって変わってきます。

そして、彼に自身の嫉妬を認め、内省し、自己開示できる器があるかどうかにも大きく左右されるでしょう。

嫉妬の感情で2人の愛が試されるのです。乗り越えられる愛情と器、持ち合わせていますか?

(ウイ)

※画像はイメージです

※この記事は2019年12月22日に公開されたものです

ウイケンタ(コラムニスト)

38歳独身。物書き。『ハッピーエンドを前提として』(KADOKAWA)、『エンドロールのその後に』(大和出版)著者。オンラインサロン「喫茶クリームソーダ」オーナー。15年のサラリーマン生活を経て、現在は書評、ブログ、コラムなどを執筆。カレーと飲酒とゴールデンレトリバーが好き。

Twitter&Instagram @ui0723

この著者の記事一覧 

SHARE