お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
PR マネープラン

りそな銀行カードローンの審査内容と通過のための5つのポイント

村瀬大輔(ファイナンシャルプランナー)※ペンネーム

「りそな銀行のカードローンを利用したいけど、審査に通るか不安……」

今回はそんな不安を解消するために、りそな銀行カードローンの審査の流れやかかる時間、審査内容などについて詳しくご紹介します。

合わせて、審査を通過するポイントや審査結果がなかなか出ない場合の対処法などにも言及していますので、これから借り入れを検討している人は、ぜひ参考にしてください。

りそな銀行カードローンの審査に通過するための5つのポイント

まずは、以下の5つのポイントを押さえておきましょう。

・安定した収入があるか?
・他社借り入れが多くないか?
・同時に複数のカードローンに加入してないか?
・在籍確認にしっかり対応できるか?
・虚偽内容がないか?

一般的に、銀行系のカードローンは消費者金融系のカードローンよりも金利が低いため、審査は厳しくなる傾向にあります。

りそな銀行も例外ではないため、上記5つの条件を全てクリアしておくほうが審査には通りやすいでしょう。

各項目について、ひとつずつ詳しく解説していきますね。

安定した収入があるか?

りそな銀行のHPには、カードローンの利用の条件のひとつに「継続安定した収入のある方」と記載されています。

正社員や公務員はもちろん、契約社員・派遣社員・アルバイト・パートであっても「継続的に安定した収入」があれば借り入れは可能です。

一方で、いくら短期的な利益が大きくても、業績が安定していない個人事業主や起業間もない会社経営者、単発の仕事を続けているアルバイトは不利に見られる可能性があります。

専業主婦・主夫、学生、無職の方は利用できません。アルバイトで安定した収入があっても、りそな銀行のカードローンは利用できないという点に注意が必要です。

この部分は、ややこしいですが覚えておきましょう。

他社借り入れが多くないか?

複数 の会社から借り入れを行っている人を「多重債務者」と呼びます。金融庁では、5件以上の無担保無保証借入の残高がある人をこのように定義していますが、実際に借り入れ件数いくつから多重債務者とみなすのかは金融機関によって異なります。

多重債務を抱えていると審査に落ちる可 能性が高まります 。

借り入れしている会社が多い場合は借金をまとめてその数を減らし、総借入額を少しでも減らしてから審査を受けたほうが、通る可能性は高まります。

同時に複数のカードローンに加入してないか?

同時に複数のカードローンに加入すると審査落ちしやすくなります。同時期に複数のカードローンを申し込むという行為が、「お金に困っている人」とみなされ、返済能力を疑われる原因になるからです。

いわゆる「申し込みブラック」と認識される可能性が高まるので、注意しましょう。

他社でのカードローン申し込みは、個人信用情報機関に記録が残るため必ずバレますし、ごまかすことはできません。

在籍確認にしっかり対応できるか?

カードローンの審査時には、在籍確認が必ず行われます。りそな銀行も例外ではありません。

在籍確認とは、申込者が申告した職場で実際に勤務しているかを確認する作業のこと。主に電話によって行われ、個人名で職場に電話がかかります。

在籍確認がなされないと「継続した安定収入」の確認が取れず審査に通らないため、出向や派遣などで申請した会社とは別の会社に勤務している人は、それらの連絡先も忘れることなく伝えましょう。

在籍確認については、のちほど詳しく解説いたします。

虚偽内容がないか?

当然のことですが、申込時に虚偽申告をしてはいけません。

年収の水増しをしたり他社からの借り入れを隠ぺいしたり、勤続年数を実際よりも長くしたりなどの行為は発覚次第、審査落ちになります。

りそな銀行との信用関係に関わるので、申し込みの際はウソがないように正確に記入しましょう。

りそな銀行カードローンの審査は厳しい? 仮審査と本審査について

先ほども触れたように、銀行系であるりそな銀行カードローンの審査は甘くありません。

また、消費者金融のように即日融資は受けられません。

その審査内容は、以下のように仮審査と本審査の2段階制となっています 。

・仮審査はWebでの申し込み内容や在籍確認で判断
・本審査はWebでの申し込み内容に加えて、運転免許証や収入証明書の内容で判断

仮審査における在籍確認について

仮審査の際に必ず実施されるのが、在籍確認です。

主に電話によって行われるため、「職場にカードローンを申し込んでいることがバレてしまうのでは?」と不安になるかもしれませんが、担当者は会社名を名乗らず個人名で電話をかけてくるため、その心配はありません。

無事に電話確認ができれば、在籍確認は完了します。

しかし、外出が多い人や打ち合わせが多くあまりデスクにいない人は、電話を取れない可能性が高いかもしれません。

仮に電話に出られなくても、電話対応者が以下のように、在籍を証明する回答をしてくれれば、在籍確認は完了します。

・担当は外出をしています
・担当は打ち合わせ中で席を外しています

在籍確認の目的は、申込者がその会社に在籍していることです。そのため、上記のような回答を自分以外の人がすれば問題ないのです。

また、個人名だとなかなか電話対応してくれない職場など、勤務先に電話がかかるとどうしても都合が悪いという人は、その旨を担当の人に相談してみましょう。

その場合、書類郵送で在籍 確認をするようになります。

申し込み方法と審査の流れ

ここからは、りそな銀行カードローンの申し込みから審査が通過するまでの一連の流れを、ひとつずつ詳しく説明していきますね。

・仮申し込み
・仮審査
・仮審査結果
・本審査
・本審査結果

仮申し込み

りそな銀行カードローンの仮申し込みは、Webから行うのが便利です。24時間365日可能で、本審査に通るまで店舗やATMに行く必要はありません 。

郵送、FAX、電話でも仮申し込みは可能ですが、書類の郵送に時間がかかるため、急いでいる人はWebからの申し込みがいいでしょう。

なお、仮申し込みの際に書類提出は必要ありません。

Web申し込みはこちらから

郵送・FAXで申し込みはこちらから

※電話申し込みはこちらから
ローン受付センター(申し込み専用)
0120-55-3989 (年中無休 8:00~22:00)

ここでは、最も便利で簡単なWeb申し込みに焦点を当てて解説していきたいと思います。

仮審査

申告した会社で働いているかの在籍確認が、主に電話にて行われます。本人が電話に出られなくても在籍確認は済みますが、出向先や派遣先の会社があればそちらの連絡先も伝えるといいでしょう。

なお、基本的には在籍確認が行われるのは平日ですが、土日に職場が営業している場合は在籍確認が可能となる場合もあるので、申し込みの際に相談するといいでしょう。

仮審査結果

結果は、登録アドレス宛にメールで届きます。メールに記載されている専用サイトにログインをすると、結果が表示されているので確認しましょう(初回ログイン時に、パスワード変更が必要になります)。

申し込みする時間帯や審査の状況などにより、結果報告が翌日以降になる場合や、電話・郵送での連絡になることもあります。

本審査

仮申し込みで登録したメールアドレスにて「本申し込み専用ページ」のURLが送付されるので、そちらから本申し込みをします。

本人確認書類資料(運転免許証など)と収入証明書(住民税決定通知書など)の提出が必要となります。ただし、申し込み限度額が50万円以下の場合、収入証明書は不要です。

本人確認書類資料は名前、住所、生年月日が記載されているものに限ります。

本人確認書類資料は以下のいずれか

運転免許証
運転経歴証明書
パスポート
各種健康保険証
住民基本台帳カード
在留カード
特別永住者証明書

収入証明書としては年収を確認する書類の提出が求められます。

このとき、職業や確定申告の有無により、年収証明書の種類が異なります。

職業別 年収確認資料の名称
公務員・上場会社の社員の方 源泉徴収票(最新分)
※最新分は勤務先より1月の給料日に配布されます
上記以外の給与所得者の方(右記のAまたはBのどちらかひとつ) A 住民税決定通知書(最新分)
※最新分は勤務先より5月中旬以降に配布されます
B 課税証明書(最新分)
※最新分は市区町村役場より6月上旬頃から発行できます
自営の方・確定申告をしている方 課税証明書(最新分)
※最新分は市区町村役場より6月上旬頃から発行できます
※課税証明書が発行できない期間は確定申告書(税務署受付分)でご確認ください

Webで契約すれば、スマホで画像をアップロードするだけで提出できるので手軽です。

本審査結果

本審査の結果もメールアドレス宛てに届き、専用サイト上で結果が確認できます。

ただし、りそな銀行のカードローンでは、即日融資はできません。融資開始までに2週間程度の時間がかかると認識しておきましょう 。

審査にかかる時間はどれくらい?

りそな銀行では、仮審査の結果は申し込み当日に来ることもありますが、本審査の結果は最短でも翌営業日以降になります 。

Web申し込みなら審査時間を短縮できますが、審査の状況などにより電話・郵送での連絡となる場合もあり、その際はさらに時間がかかります。

夜や土日祝でも審査をしてくれる?

りそな銀行カードローンの審査時間は、仮審査・本審査ともに平日9時~17時です。

そのため、申し込みの翌日が土日祝の場合、週明けになるまで審査が開始されません。

特にWeb申し込みの場合、営業時間外に申し込んでもすぐに審査が開始されると思われがちですが、審査時間は平日9時~17時となる点に注意しましょう。

営業時間外の申し込みは、翌日以降の回答となります。

審査結果がなかなか来ない場合にできること

審査結果がなかなか来ない場合、まずは迷惑メールフォルダに審査結果のメールが届いていないか確認しましょう。特にフリーメールを利用している場合、迷惑メールフォルダに振り分けられていることが多いです。

迷惑メールフォルダに審査結果のメールが届いてなければ、りそな銀行カードローンの問い合わせ窓口(クレジットセンター)に電話をしてみましょう。

【クレジットセンター】0120-25-8156(平日10:00~17:00)
※ 土日祝日、5月3日~5月5日、12月31日~1月3日は利用不可

また、審査結果が遅い場合に、考えられる原因は以下の通りです。

・土日祝日の申し込みの場合
・高額融資の場合
・給料日や新生活時期などの繁忙期の場合
・申し込み内容に不備や虚偽がある場合
・在籍確認ができない場合
・支払い能力を疑われている場合

土日祝日の申し込みの場合

りそな銀行カードローンの審査時間は平日9:00~17:00のため、土日祝日に申し込みをすると翌営業日以降の対応となります。

すぐに審査結果を知りたい場合、週初めや平日の午前に申し込みをするといいでしょう。

ただし、消費者金融のカードローンとちがって即日対応はしていませんので、すぐに審査結果を知りたいなどの要望を持っている方は、即日融資カードローンを検討しましょう。

高額融資の場合

一般的にいくら以上が高額という基準はありませんが、借り入れ金額が大きいほど貸す側のリスクが高くなり、審査が通過するまでに時間がかかります。

給料日前や新生活時期などの繁忙期の場合

給料日前の毎月1日・15日・25日・30日前後やゴールデンウィークや夏休みの大型連休、3月~4月の新生活シーズンは、 出費が重なるためキャッシングサービスの需要が高まる時期です。

利用者が多くなる分、審査にかかる時間も増えてしまいます。

申し込み内容に不備や虚偽がある場合

申告した内容に不備・虚偽がある場合、真偽を確認するため審査に時間がかかります。

りそな銀行カードローンを含むすべてのカードローン会社は、利用者の個人情報やクレジットカード・個人向けローンなどの信用情報を、個人信用情報機関を通して確認します。

個人情報や書類の情報であいまいな箇所がある場合、時間をかけてでも確認してから申し込みを進めたほうが、かえって早く審査に通るかもしれませんね。

在籍確認ができない場合

りそな銀行カードローンでは在籍確認が必ず行われます。審査結果がなかなか届かないときは、在籍確認が済んでいない可能性を疑いましょう。

電話での在籍確認が行われない場合は、書面での在籍確認が行われます。自宅に書面が届いていないか確認しましょう。

支払い能力を疑われている場合

現時点における他社借入件数やその借入額を把握しましょう

すでに他社での借入件数と金額が多い場合、返済能力が疑われて審査にかかる時間が長くなる傾向にあります。

りそな銀行カードローンはWeb完結の借り入れが便利!

りそな銀行カードローンは24時間365日できるWeb申し込みが便利です。

契約手続きまでは口座開設が不要ですし、契約の限度額が50万円以下の場合は必要書類も本人確認資料のみで済むので、より手間をかけることなく申し込みができます。

りそな銀行カードローンのWeb申し込みはこちら

また、低金利で人気のカードローンのひとつでもありますが、融資を受けるまでに3週間前後は時間を見たほうがいいでしょう。もし、即日融資を希望するのであれば、消費者金融系のキャッシングサービスを利用するのも選択肢の1つです。

(監修:村瀬大輔、文:土屋孝則)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。あらかじめご了承ください 。

お役立ち情報[PR]