お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

風水的に「良いトイレ」「悪いトイレ」 #李家幽竹の風水ハック

李家幽竹

トイレの風水的にNGなこと5つ

トイレにあると良くないもの、置いてあると運気を下げてしまうものもあるそう。幽竹先生が教えてくれた5つの例をご紹介します。

(1)猫の置き物がある

猫は「火」の気に属すそう。相反する「水」の気を持つトイレに、猫の置き物や写真、グッズなどを飾ると、空間の気が乱れてしまうのでNGなのだとか。

ほかにも、ヒョウ柄やレオパード柄も同じく「火」の気が強いため、トイレのファブリック類やインテリアに用いるのも避けましょう。

(2)カレンダーや時計を置く

トイレにカレンダーや時計など、「時」に関するものを置くのは避けましょう。自分がこれから築いていく「時」にまで悪い気が入り込んで、一緒に排出されてしまうそうです。

トイレの中でスケジュールを確認したり、計画を立てたりするのも、あまり良い方向にいかないそうなのでやめましょう。

(3)家族写真を飾る

トイレに家族写真を飾るのは、オススメできないそう。悪い気が溜まりやすいトイレに家族の写真を置くと、映っている家族に悪い運気が取りつきやすくなるのだとか。

家族の健康運にも悪影響を及ぼしやすいそうなので、家族写真を飾るなら明るいリビングに置くようにしましょう。

(4)高いところに物を詰め込む

トイレの天井ギリギリの空間を有効活用するために、お手製の棚などにトイレットペーパーといった物をたくさん収納していませんか?

実は高いところに物を詰め込むのは、風水的にはNG。気が下にこもりやすくなり、空間の気が循環しにくくなってしまうそうです。

収納スペースを設けるなら、天井の近くを空けて余裕を持たせるか、壁と同色のカフェカーテンで目隠しをするのが良いそうです。

(5)読書や勉強をする

前述しましたが、トイレの中で、本や新聞、雑誌を読む習慣はNG。

トイレで得る知識は、自分の中に定着せずに流れていってしまうそうです。もちろん、スマホやタブレットを持ち込むのもやめたほうが無難です。

トイレの悪い気は長くとどめないのが吉

トイレは恋愛運、金運、健康運など、さまざまな運をつかさどる大切な場所のようですね。

悪い気がこもりやすいため、家の水まわりの中でも特に意識して清潔さを保ちたいところ。

トイレ掃除は溜め込むと大変に感じるかもしれませんが、毎日サッと使い捨てシートで拭く習慣をつければ、簡単に運の良い環境を保つことができます。

悪い気を長くとどめることなく、明るく暖かい清潔なトイレで運気アップを目指しましょう。

(監修:李家幽竹、文:水野久美)

※画像はイメージです

※この記事は2019年10月30日に公開されたものです

李家幽竹

「風水とは環境を整えて運を呼ぶ環境学」という考え方のもと、 衣・食・住、行動全般にわたる様々な分野でアドバイスを行っている。著書累計発行部数は700万部を超える。
風水を仕事にする人材を育成するため、『一般社団法人 李家幽竹 空間風水学会』を設立し、理事長をつとめる。

オフィシャルHP  http://yuchiku.com
空間風水学会HP  http://feng-shui.or.jp

この著者の記事一覧 

SHARE