お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
PR マネープラン

プロミスで即日融資を受けるには? 当日中にお金を借りられるのは何時まで?

土屋孝則

急にお金が必要になったときに便利なのが、カードローンです。

なかでも消費者金融のプロミスは即日融資を受けることが可能なので、「どうしても今日中にお金が必要!」というときにおすすめです。

しかし、即日融資を受けるには、まず審査に通らなければなりません。

今回は、プロミスで即日融資を受けるための申し込みの流れと、スムーズに審査に通るために準備しておくこと・注意点などをご紹介していきますね。

即日融資に便利なプロミスのWeb申し込みはこちら

プロミスで即日融資を受けるためには何時までに申し込むべき?

プロミスは即日融資を行っています。

ただ、プロミスに限らず、消費者金融で当日中に融資を受けるためには、その日のうちに審査に通過しなければなりません。

そして、プロミスにはさまざまな申し込み方法があり、即日融資が可能な時間帯が異なります。

申込方法 利用可能時間帯
Web 24時間365日
プロミスコール(電話) 9:00~22:00
自動契約機 9:00~22:00
※一部店舗では時間が異なります。
お客様サービスプラザ(店頭窓口) 10:00~18:00
(平日のみ)
郵送 いつでも申し込みできるが、即日融資は不可能

利用可能時間帯は申し込み方法によって異なりますが、終了時間ギリギリに申し込んでも即日融資を受けることはできません。

よって、審査にかかる時間を逆算して、申し込みをする必要があります。

プロミスで即日融資を受けるにはどのくらい時間がかかる?

プロミスの審査は、早ければ30分程度で終わります。

Webから申し込む場合は、申し込み内容を入力し、Web上で必要書類を画像化して送信すればOK。

最短で30分で完了するため、カードなしのWeb完結手続きを選べば振込キャッシング(自分の口座に直接振り込んでもらえるサービス)をしてもらえますし、自動契約機での手続きであれば、その場でカードを受け取って、現金を引き出すこともできます。

しかし、これは最短で審査が完了する人の場合であり、審査内容によっては時間を要することもあります。

また、申し込み者の勤務先への在籍確認を行う必要もあるので、在籍確認に時間を要してしまう場合には、その分審査が長引くことは覚えておきましょう。

プロミスの即日融資が可能な時間帯は?

プロミスが審査をして、その審査結果を回答してくれる時間帯は、平日も土日も9:00~21:00です。

プロミスの審査時間は最短30分なので、理論上20時半までに申し込めば、当日21時に審査結果が出る可能性があります。

しかし、30分という時間はあくまでも最短で、審査状況によっては長引く可能性もあります。

自動契約機が混んでいたり、Web手続きでも申し込み者が多くて審査がその日のうちに終わらない可能性もありますので、余裕をもって申し込みの手続きを完了させるようにしましょう。

深夜でも、思い立ったときに申し込みをしておけば、翌日の9時から審査を開始してもらえます。

融資を急ぐならWeb契約がおすすめ

プロミスの申し込み方法は、以下の5種類。

・Web
・プロミスコール(電話)
・自動契約機
・お客様サービスプラザ(店頭窓口)
・郵送

申し込み方法によって契約までの時間は変わりますが、即日融資を受けたいときに一番おすすめなのは、Webからの申し込みです。

Web申し込みはスマートフォンやパソコンから24時間受け付けているので、いつでも思い立ったときに申し込みが可能ですし、カード不要で郵送物も一切届かない「Web完結」を利用して、自分の口座に振込融資が受けられます。

また、カードで現金を引き出したい人も、Webで申し込めばどこからでも審査が受けられます。審査完了後に、お近くの自動契約機ですぐカード発行、現金引き出しも可能です。

Webから申し込む場合は、プロミスの公式サイトの申し込み画面の「フル入力でお申し込み」を選びましょう。

もう一方の「カンタン入力」を選ぶと、入力後にプロミス担当者から電話がかかってくるため、逆に時間がかかってしまいます。

ただし、カンタン入力はプロミスの担当者と直接会話ができるので、疑問点や不安なことがある人はカンタン入力から申し込むのもよいですね。

便利なWeb申し込みはこちらから

プロミスで即日融資を受ける方法と手順

無事審査に通ったら、融資を受けられます。プロミスからの即日融資を受け取る方法は、以下の3 種類です。

・「瞬フリ」(振込キャッシング)
・ローンカードを発行しATMから引き出し
・スマホATMで引き出し

「瞬フリ」(振込キャッシング)で即日融資

「瞬フリ」は、スマートフォンやパソコンから会員サービスにログインして、振込キャッシングをしてもらうサービスです。

三井住友銀行や、ジャパンネット銀行をはじめとして、全国約200の金融機関で土日・夜間でも振り込みが可能。

ローンカードの発行をしなくていいので、Web完結で手続きを終わらせ、すぐに融資してもらうことが可能です。

利用の手順は下記のとおり。

① 余裕をもって「フル入力」で申し込み、契約手続き方法で「Web」を選ぶ
② ネットまたはプロミス公式アプリで必要書類の画像データを送信する
③ 審査を受ける
④ 返済方法を「口フリ(口座振替)」にし、契約する
⑤ 会員サービスにログインし、「瞬フリ」(振込キャッシング)を依頼する
⑥ 融資完了

「瞬フリ」は、システムメンテナンスの時間を除けば、土日祝日を含めた24時間融資に対応しています。

 

プロミスの審査回答時間の21時までに審査が完了し、契約まで終われば即日融資を受けられます。

ローンカードを発行しATMで即日融資

お近くに自動契約機があれば、ローンカードを発行してATMで現金を引き出すこともできます。

自動契約機で契約手続きをする際には、必要書類が必要になります。不備がないように気を付けましょう。

ローンカードでのご利用手順は下記の通りです。

① 余裕をもってWebから「フル入力」で申し込み、契約手続き方法で「来店」を選ぶ
② 審査を受ける
③ 審査の結果を受けて自動契約機へ行く
④ 必要書類を提出し、契約する
⑤ ローンカードを発行し、ATMでキャッシングする

自動契約機の代わりに三井住友銀行のローン契約機でもカードの発行は可能

プロミスのローンカードは、三井住友銀行のローン契約機でも発行が可能です。

プロミスの自動契約機や店舗に入るのに抵抗がある人でも、銀行のローン契約機なら気軽に入れますね。

ただし、三井住友銀行のローン契約機は21時まで。プロミスの自動契約機よりも1時間早く営業終了してしまうため、気を付けましょう。

スマホATMで引き出し

カードを持ち歩かずに、スマホのアプリを使ってセブン銀行ATMで引き出す方法もあります。

カードがなくても、振込でなく入金や出金ができるのは助かりますね。

現在は、まだセブン銀行のみですが、今後もカードなしのATM取引が普及していくでしょう。

スマホATMのご利用手順は下記の通りです。

① 余裕をもってWebから「フル入力」で申し込み、契約手続き方法で「Web」を選ぶ
② ネットまたはプロミス公式アプリで必要書類の画像データを送信する
③ 審査を受ける
④ 返済方法を「口フリ(口座振替)」にし、契約する
⑤ スマホアプリを入れ、ログインする
⑥ 「スマホATM取引」をクリックする
⑦ セブン銀行ATMで「スマートフォンでの取引」を押す
⑧ 表示されたQRコードを読み取り、スマホに表示された「企業番号」「ワンタイム暗証番号」をセブン銀行ATMの取引画面上に入力する
⑨ 取引する

プロミスの即日融資を申し込む!

プロミスは土日でも即日融資できるの?

プロミスでは、土日でも審査に通れば、即日融資を行っています。

土日の在籍確認について

土日に即日融資を受けるために気を付けなければならないのが、「在籍確認」です。

土日にも営業している会社なら問題はありませんが、土日休みの会社は多いです。そのため、会社に在籍確認をしたくても、そもそも電話がつながらない可能性もあります。

どうしても土日に即日融資を受けたい場合は、Web申し込みの「カンタン入力」を選択し、入力後にかかってくるプロミス担当者からの電話で代替方法がないか相談してみるといいでしょう。

土日も申し込みOK!プロミスの公式HPへ

即日融資を受けるときの注意点

ここからは、プロミスで即日融資を受けるための注意点についてまとめていきたいと思います。

申し込み時間に余裕をもつ

プロミスで即日融資を受けたい場合は、なるべく早く申し込むのがベストです。遅くとも20時までには申し込みをするようにしましょう。

プロミスの審査時間は9時から21時までです。

最短での審査時間は30分ですが、もう少し余裕をもち、1時間前の20時までには申し込みをしましょう。審査のあとに契約手続きも必要だからです。

実際のところ、20時というのはギリギリの申し込み時間です。

少しでも審査時間が延びた場合は、21時までに契約手続きが完了しない可能性もありますので、可能であればもっと早い時間に申し込みを済ませておくことをおすすめします。

予め必要書類を準備しておく

プロミスの申し込みには、本人確認書類が必要です。

せっかく審査に通っても、必要書類が足りなかったら契約できません。
申し込みをする前に、書類はすべてそろえておきましょう。

必要書類は下記の通りです。

【プロミスでの借り入れ希望金額が50万円以内、かつ、借り入れ希望金額と他社の利用残高の合計が100万円以内の人】
本人確認書類のみでOKです。

基本的には運転免許証が本人確認書類になります。

本人確認書類として運転免許証を持っていない人は、「パスポート」または「健康保険証」+1点(住民票など)が必要です。

【プロミスでの借り入れ希望金額が50万円以上、もしくは、借り入れ希望金額と他社での利用残高の合計が100万円を超える人】
本人確認書類に加えて収入証明書類が必要です。

収入証明書類は

・源泉徴収票(最新のもの)
・確定申告書(最新のもの)
・給与証明書(直近2カ月+1年分の賞与証明書)

の中から1点を提出します。

本人確認の電話に出る

Web申し込みのときに「カンタン入力」を選択すると、プロミスの担当者から電話がかかってきます。

電話内容自体は申し込み書類の内容確認程度なのですが、この電話に出ないと、その先の審査が進みません。担当者は携帯番号や自宅の番号にかけてくれますので、確実に出られるタイミングで申し込みをしましょう。

また、Web申し込み時に「フル入力」を選択すれば、入力項目は多くなるものの、担当者からの電話はかかってきません。

確実に電話に出られる自信がない場合は「フル入力」で申し込んでおきましょう。

希望借り入れ金額が高額だと審査にも時間がかかる

早めに申し込みを済ませたとしても、審査に通らなければ融資を受けられません。

プロミスの審査に落ちる場合は、

・会社への在籍確認ができなかった
・信用情報に傷があった

といった理由が多いですが、希望借り入れ金額が高額な場合も審査に時間がかかります。

もし、どうしても即日融資を希望しているのであれば、最初は低めの金額に設定し、後から増額するなど、工夫が必要です。

プロミスの審査の流れは?

プロミスへの申し込み方法は複数ありますが、即日融資をしてもらうのであればWebでの契約方法が一番スムーズです。

プロミスでは、申し込み方法によって流れが多少変わってきますが、ここではWebでの契約方法を中心にご説明していきますね。

①Webから申し込みをする

まずは、スマホやパソコンでWeb上の申し込み画面に進み、必要事項を入力します。

このときに、「カンタン入力」か「フル入力」どちらかを選びます。

項目入力後に担当者との電話相談を希望する場合は、少ない項目のみを入力する「カンタン入力」、Web上ですべての手続きを行いたい人は審査に必要な項目をすべて入力する「フル入力」がおすすめです。

ただし、申し込み内容によっては、フル入力の人でも担当者からの電話がくることもあります。

②必要書類を送信する

項目の入力が完了したら、必要書類を撮影するかスキャンしてパソコンに取り込み、申し込みページの送信フォームにて添付して送信します。

③審査

項目の入力と書類の提出が完了すると、審査に進みます。

先ほどの入力時に「カンタン入力」をした人は、プロミスの担当者から電話がかかってくるので、質問に答えていきます。

申告情報や申し込み条件に問題がなければ、ここで在籍確認が行われます。

在籍確認は、申し込み者が申告した職場で実際に働いているかどうか確かめるため、勤務先に電話する作業のことです。

プロミスと名乗ることはなく、担当者の名前で電話するので、職場にばれる心配はありません。

④契約

審査が完了し、無事審査に通ったあとは、返済方法とカード郵送希望の有無を選択します。

「ATMによる返済」もしくは「口座振替による返済」の二種類ありますが、Web完結を希望する場合は「口座振替による返済」を選択し、「カード郵送を希望しない」を選択しましょう。

カードが必要な場合は、審査に通ったあと、自動契約機で契約手続きをして、即日発行されるカードを受け取ります。

⑤借り入れ

契約が終わると、借り入れが可能になります。

Web契約の場合は、銀行振り込みで借り入れするか、スマホATMで直接現金を引き出します。

自動契約機でカードを受け取った場合は、近くの金融機関やプロミスのATMから現金を引き出します。

便利なWeb申し込みはこちらから

プロミスで審査落ちする人の特徴は?

「SMBCコンシューマーファイナンス月次営業指標」を参考にすると、公表されているプロミスの成約率は45%前後です。

つまり、2人に1人は審査に落ちてしまう計算になります。

傾向として、下記のような特徴がある人は、審査で落ちるケースが多くなっています。

・信用情報に傷がついている
・在籍確認が取れない
・他社借り入れが多い
・借り入れ金額が年収の3分の1に達している
・短期間に複数社へ申し込んでいる

詳しく説明していきますね。

信用情報に傷がついている

キャッシングやカードローンの審査の場合、信用情報はかなり重要視されます。

日本には「JICC(日本信用情報機構)」「CIC(指定信用情報機関)」「KSC(全国銀行個人信用情報センター)」と3つの個人信用情報機関があり、プロミスでは、「JICC(日本信用情報機構)」「CIC(指定信用情報機関)」の2機関に加盟しています。

申し込みをした段階でプロミスは上記2機関に問い合わせをし、申し込み者の信用情報を確認します。

そのときに「債務整理」や「不払い」、「長期延滞」、「自己破産」など信用情報に傷があることが発覚した場合、過去に問題を起こしたとみなされ返済能力に疑問符が付き、審査に落ちてしまうことがあります。

そういった信用情報に関わるトラブルを起こしたことがある方は、金融事故情報が消える5年間は借り入れがむずかしくなります。

在籍確認が取れない

消費者金融では、申し込み者に支払い能力があるかどうかを重要視します。

そのため、記載した勤務先に勤めているか確認する「在籍確認」はとても重要です。

実際に勤めていなかった場合は虚偽の情報なので論外ですが、きちんと勤めていても、職場によってはうまく在籍確認が取れないこともあります。

実際に、その会社に在籍しているのに、うまく電話がつながらないだけで審査に落ちてしまうなんてもったいないですよね。

万が一、自分の職場で、スムーズに在籍確認をするのがむずかしいと感じたら、まずは担当者に相談してみましょう。

他社借り入れが多い

他社借り入れ件数が多い人は審査に落ちるケースが多いです。

カードローンには年収の3分の1までしか借りられないという「総量規制」があります。

総量規制内であれば審査に通過する可能性もありますが、複数の会社に借り入れしている時点でお金を貸すプロミス側の心象は正直よくありません。

可能であれば、他社借り入れ件数を減らしてからプロミスの審査を受けることをおすすめします。

短期間で複数社に申し込んでいる

プロミスで審査を受ける際、受かるかわからないので保険としてほかの消費者金融にも申し込みをかけている人もよく見られますが、こちらもNGです。

一度に複数の会社に申し込んでいると、お金にすごく困っていると判断されて、返済能力が疑われて審査に落ちてしまいます。

他社に申し込みをした場合は、前回の申し込みから半年以上は新規申し込みをしないよう、間をあけるようにしましょう。

まとめ

プロミスでは最短30分で審査が完了します。しかし、申し込みの内容や金額によっては、審査が長引くこともあります。

スムーズに審査に通るためには、

・申し込み時間に余裕をもつ
・在籍確認をとれる環境にしておく
・書類は不備なく用意していく

という点が重要です。

また、信用情報に傷がついていたり、他社借り入れが多いと審査に落ちてしまう可能性が高くなるため、日ごろから気を付けておきましょう。

プロミスの即日融資を申し込む!

(文・土屋孝則/監修・榊原政裕)
※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

お役立ち情報[PR]