お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

仕事のイライラが止まらない人へ。限界に達さないための解消法

高見綾(心理カウンセラー)

仕事中のイライラが止まらないのはなぜ? イライラする本当の原因と解消法を、心理カウンセラーの高見綾さんが解説します。

仕事のイライラ解消法

では、仕事でイライラを覚えたとき、私たちはどうすればいいのでしょうか。

できるだけ、感情的にならず仕事をしたいもの。イライラをうまく逃がせるかどうかで、仕事のパフォーマンスも変わってきます。

最後に、イライラとの上手な付き合い方をいくつか紹介します。

(1)気分転換にトイレへ行く

心に余裕がなくなるとイライラすることが増えるため、一時的に仕事から離れてリラックスする時間を持てると効果的です。

気分転換のためトイレに行って、軽くストレッチをしたり深呼吸をしたりして身体を動かしましょう。少し動くだけでも気分は変わります。

(2)デスクまわりを片づける

自分のデスクまわりをすっきり整理整頓し、お気に入りの備品などを置くことで、リラックス効果を高めることができます。

職場の規則は守った上で、可能ならパソコンの壁紙を工夫したり、観葉植物を置いたり、お気に入りの文房具やマイコップを用意するのもいい方法です。

(3)完璧主義を見直す

仕事がうまくできないなどの理由で自分にイライラした場合は、自分に厳しいところがある可能性大。「うまくできなくても仕方ないか」「そういうこともあるよね」といい意味でゆるく考えるようにしてみましょう。

できなかったことに注目するよりも、「できたことは何かないかな?」と発想を転換させてみるのも◎。

(4)イライラした原因を紙に書き出す

他人に対してイライラした場合は、「どうして私はイライラするんだろう?」と、その原因を考えてみます。その際、こっそり紙に書き出してみると客観的に捉えることができます。

「相手が悪い」とだけ考えると解決しないので、「自分の中にあるどんな考え方や思い込みからイライラするのか」に興味を持ってみましょう。原因に気づくだけでも楽になります。

(5)他人と自分の違いを受け入れる

私たちはイライラすると、どうしても相手を変えようとしてしまいますが、人間関係において「人を変えることはできない」というのが大切なルールになります。

自分の考えを他人にも押しつけようとすると、イライラすることが増えてしまうので、「この人はこういう人なんだな」と受け入れる姿勢を持ちましょう。

次ページ:八つ当たりしないコツは「ひとりになる」

SHARE