お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

もうイライラされたくない。マイペースな人に向いてる仕事5選

トイアンナ

チームワークが極端に苦手なら独立も考えよう

マイペースな仕事を突き詰めると、究極的にはフリーランスとなります。

上司とどうしても折り合いがつかなかったり、転職を繰り返してもうまくいかなかったりするなら、フリーランスとしての独立も視野に入れてみましょう。

たとえば私のようなライターは、基本的にひとりで仕事の配分を決められます。取材をしたり、飲み会に参加したりしなければほとんどひとり作業。

ゆっくり、マイペースに仕事をしたい人にとってはうってつけです。極端ですが週に3日は山ほど働いて、週休4日なんて働き方も可能ではあります。

もし、あなたがマイペース「かつ」会社からスケジュールを強制されなくても自分でスケジュールを管理して進められるなら、フリーランスのお仕事はおすすめです。

逆に会社という「強制的に仕事をさせてくれる装置」がないとダラダラしてしまうタイプは、フリーランスに向いていません。

また、フリーランスになると経理、営業などもともと自分が担当していなかった職種の業務も自分の手で行うこととなります。

フリーランスといえば「稼げるのだろうか」と不安になる方が多いと思いますが、実は本業で稼ぐことはできても、それ以上に事務作業が苦手で会社員を選ぶ方が少なくありません。苦手分野がはっきりしている方は、独立前から税理士などに相談しておきましょう

マイペースといっても、好きになる仕事はひとそれぞれ。ゆっくり、長く働くためにも早いうちからマイペースでも向いていて、楽しく働ける仕事を探してみませんか。

(トイアンナ)

※画像はイメージです

※この記事は2019年09月13日に公開されたものです

トイアンナ

慶應義塾大卒。P&Gジャパン、LVMHグループで合わせて約4年間マーケティングを担当。その後は独立し、主にキャリアや恋愛に関するライターや、マーケターとして活動。著書に『就職活動が面白いほどうまくいく 確実内定』や『モテたいわけではないのだが ガツガツしない男子のための恋愛入門』などがある。

●ブログ「トイアンナのぐだぐだ」
http://toianna.hatenablog.com/

●Twitter
https://twitter.com/10anj10

この著者の記事一覧 

SHARE