お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「人を見る目」がある人とない人の決定的なちがいとは? 人を見る目を養う方法

織田隼人(心理コーディネーター)

人を見る目を養う方法とは?

それでは、人を見る目を養うにはどのようなことを心がければいいのでしょうか?

4つのポイントを紹介します。

(1)相手の行動をしっかりと追いかける

相手がどのような行動をしているのかをしっかりと見続けると、言葉と行動がリンクしているかが見えてきます。

言葉と行動が一致していれば信用できる人ですし、不一致の場合は面倒な人のことが多いです。

言葉は簡単に言うことができるものですが、行動は労力がかかる分、本気のことしかできません。

行動で示せる人を信用するようにしましょう。

(2)肩書きや職業を気にしない

相手の肩書きや職業などを気にせずに、「仕事のどんな部分が楽しいのか」といった深い部分に対する興味を持つとよいでしょう。

肩書きは表面上のものですが、その肩書きの背景にどのようなことがあるのかを知れば、その人の深みを知ることができます。

また、相手のことを深掘りすることで相手が嘘をついているときには気づくこともできます。

(3)いろいろな知識を持つ

相手の言っていることが正しいのか正しくないのかを判断するには、相手の言っていることの裏の意味まで理解する必要があります。

たとえば、契約書を読むときには契約内容をなぞるだけではなく、その契約に入っていない情報は何なのか、ほかの契約とのちがいはどんなところなのかといったことを知っていれば相手にだまされなくなります。

このように知識を持てば持つほど相手の言動に問題があるかどうかに早期に気づけるので、人を見る目も養われます。

(4)いろいろな人と交流する

いろいろな人と知り合って、そしてその人たちと交流していくことが大切です。

その中で面倒な人、要注意の人などとも交流することで、人を見る目が養われます。

人を見る目を養うにはどうしても経験値が必要なため、小さなトラブルも経験する必要があります。

次ページ:人を見る目は養えるもの

SHARE