お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 片思い

婚活で気持ちが「疲れた時」の対処法

仁科友里

「婚活に疲れた……」と思っている女性はいませんか? 婚活パーティやアプリ、合コンなどがんばるものの、どれもうまくいかない……。そんな状況ってつらいですよね。この記事では、婚活で気持ちが「疲れた時」の対処法について、ライターの仁科友里さんに解説してもらいました。

少し前の話ですが、都内にある心療内科が婚活外来をもうけたそうです。婚活が原因で、心のバランスを崩し、「眠れない」など体調不良を訴える人が増えたからなのだそうです。

それでは、どうして婚活が人間にダメージを与えるのでしょうか? それは婚活が、みなさんが初めて直面する「自由競争」だからではないでしょうか。

疲れた時

多くの人がこれまで経験してきたであろう、受験や就活。思い出してみれば、これも大変だったでしょうが、実は平等な部分もあります。

受験も就活も「この日に試験をします」ということは周知の事実ですから、その日にむけて、自分の力がマックスになるよう配分をすればよいのです。

受験の場合は点数で合否が決まりますから、模試を受ければだいたいの自分の実力はわかるでしょう。就活も同じで、この企業は、〇〇大学出身者が多いというように、ある程度の道筋はついているものです。

しかし、婚活というのは、いつはじめて、いつ終わりにするのかは個人の裁量にまかされています。男性がどんな女性を求めるかも、はっきりしているようでしていません。AさんBさんに好かれてしまう女性もいれば、両方の男性にお断りされてしまう女性もいます。

何をやればいいのかがはっきりしているなら、努力のしがいもあるでしょう。しかし、実際は「何をどうがんばればいいのか、わからない」「なぜ断られたかわからない」という状態ではないでしょうか。

精神的なストレスがたまって、心療内科に駆け込む人がいても、おかしくないでしょう。

婚活や恋愛に疲れを感じがちな女性の特徴とは?

婚活に対する認識が甘い

疲れた時

結婚という大きな決断をするためには、時間がかかります。

婚活は恋愛とはちがうため、「彼氏ができる」「好きな人ができた」とは次元がちがう問題なのです。婚活がうまくいかない独身女性は、総じて婚活を甘く見ています。

私は、婚活は「3年かかると思ってください」とお話ししています。結婚を考えられる彼氏を作るのに1年、交際して1年、結婚できるタイミングが来るまでに1年です。

もちろん、これよりもっと短い場合もありますし、時間がかかることもありますが、計画的に婚活をとらえる習慣がないと、精神的なダメージがたまりやすくなるでしょう。

結果が出ない

疲れた時

がんばっているのに、結果が出ない、たとえば彼氏ができないとか、交際が続かないというのであれば疲労感、徒労感が出てくるのは当然です。

ご縁といわれるものは、ある程度の失敗を経てたどりつくものですから、どんと構えることも必要です。場合によっては相手に不必要なものを求めていないか、考え直すことも必要でしょう。

婚活や恋愛を“競争”だと思っている

疲れた時

交際3カ月で結婚する人もいれば、5年交際して結婚する人もいます。

その「それぞれの道をたどったうえで、結婚するにいたる」ことを“ご縁”と呼ぶのですが、「早く結婚した人が勝ち」「恋愛していない人は負け」といったように、“勝ち負け”で判断するタイプだと「私は負けている」「人が私を笑っている」ように感じられて、疲労感が増すでしょう。

男性に対する決めつけが強い

疲れた時

「こういうタイプの男性がいいな」という理想を持つことはいいことですが、「こういうタイプじゃないとダメ」と考えるようになると、自分のターゲットが少なくなり、相手が見つかる可能性は低くなります

また「〇〇業界の男性は、こういう人」といった具合の“評論家”的な言動も注意したいところです。単にたまたま会ったその人と合わなかっただけなのに、「〇〇業界の男性はダメ」というように決めつけることで、可能性を放棄してしまうからです。

自分に対する思い込みが強い

疲れた時

たとえば、5人の男性と会ってみて、どうもピンとこないとします。その時にまったくダメージがない人もいれば、「私は結婚なんてできないのでは……」と落ち込んでしまう人もいます。後者が典型的な「思い込みの強い人」です。

婚活はみなさん自身が営業ウーマンとなって、自分という商品を売り込む場です。「この商品はいまいちです」とおどおど言う営業ウーマンから、商品を買いたい人はいませんよね? 欠点のない人はいないわけですから、なぜ自分に自信が持てないのか、そこに向き合ってみるといいでしょう。

婚活や恋愛に疲れを感じる時とは?

疲れた時

女友だちが結婚した、同期の女性が結婚して、自分ひとりが独身となったといった具合に、女性同士で比べると、疲労感が出ると思います。

こういう時に、「人の幸せを願えないから、幸せになれない」などと言い出す人がいますが、そうやって自分にウソをつくと、余計にストレスが倍増します。

常識的な範囲でお祝いした上で、必要以上に接近しないほうがいいでしょう(心から祝えていないまま、相手に接すると、その気持ちが伝わって、トラブルになることもあります)。

婚活や恋愛に疲れを感じた時の対処法とは?

婚活しているけれど、彼氏ができない場合

疲れた時

男性に余計なものを求めていないか、見直してみましょう。とりあえず、男性に会うのは休んで、お友だちや会社の女性の先輩など、既婚者が「どんな夫を持っているのか」を自分で調べた上で、その人たちに「夫として必要な能力」をインタビューしてみてください。

たとえば「身長が高い男性」にこだわる女性がいますが、実は結婚生活で「身長が高くないと困ること」というのは、ほとんどないと思います。こういう具合に、「あるに越したことはないけれど、なくてもいいもの」を削っていく作業をしてみてください。

彼氏はできるけれど、フラれてしまう場合

疲れた時

コミュニケーションに問題がないか、見直してみましょう。こういう時は、恋愛小説を読んでみるといいと思います。

小説は作者がある一定の意図を持って書いているので、小説=現実とは言えません。しかし、2人がうまくいく、もしくはすれちがっていく過程が、客観的に描かれています。そのターニングポイントに気づけるようになれば、客観性が育っているとみていいでしょう。

彼氏はできるけれど、プロポーズされない場合

疲れた時

独身女性の多くが誤解しているのではないかと思いますが、男性は「好きだから、結婚」という考え方はしません

結婚するにはお金がかかりますから、仕事でもある程度一人前だと自信が持てて、貯金もできて、さらにその他いろいろな要因がうまく重なったときに「結婚しよう」「プロポーズしよう」と決断します。

プロポーズのタイミングについては、拙著『間違いだらけの婚活にサヨナラ!』(主婦と生活社)に書きましたので、参考になれば幸いです。

プロポーズされないのは、相手が不誠実だからとか、自分に魅力がないからというふうに誰かを責めるのではなく、「タイミングが近そうか、遠いのか」をまず考えてみてください。

もしまだ時間がかかりそうというのであれば、「今は待つ時期だ」と割り切って、ゆっくりしてください。プロポーズのタイミングを知ることで、場合によっては、タイミングを近づけることもできるでしょう。

休むことも婚活のひとつ

疲れた時

観念的な表現になりますが、人生は縁でできていると私は思います。縁は与えられるものではなく、自分が積極的に育んだり、反対にじっくり待ったりすることも必要です。休むことも婚活のひとつです。自信を持って心と体を休めてください。

(仁科友里)

※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]