お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

彼氏との口喧嘩に勝つ方法

タイガモンスター

彼氏との口喧嘩に勝つ方法

それでは具体的に、彼氏との口喧嘩に勝つためにはどうしたらいいのでしょうか?

前述したように、男性は理論づけて物事を判断するので、彼に喧嘩で勝つためにはなぜ、どの程度自分に非があるのかを認識させなければいけません。

その上でのポイントはこちらです。

相手の言い分をしっかりと聞く

口喧嘩 勝つ方法

口喧嘩が弱い人の特徴として「自分の言い分を一番最初にすべて出してしまう」というものがあります。

自分の言い分はいわば武器。

最初にすべて自分の武器を出してしまうと、相手はそれに対処する言い訳を用意すればいいので簡単に言い逃れができてしまいます。

まずは落ち着いて相手の言い分をしっかりと聞きましょう

するとまず自分が抱いていた喧嘩の原因に対する認識のちがいをあなただけ把握できている状況ができあがります。

たとえば、「彼の帰りが遅くて浮気などが心配」ということが原因で喧嘩になったとすると、彼の言い分は

「仕事が最近たまっているから帰りが遅くなるのは仕方のないこと。仕事しかしていないのになぜ浮気を疑われなくてはいけないのか」

というものでしょう。

明らかに自分に非があるところを謝る

口喧嘩 勝つ方法

相手の言い分を聞きだしたら、その言い分と自分の言い分を照らし合わせて、明らかに自分に非があるところを謝ります。

なぜなら、男性は「でも相手も悪いじゃん」という気持ちが残っているとプライドが邪魔して素直に自分の非を認められないからです。

相手がもっともモヤモヤしている点を解消してあげることによって、その後の展開があなた寄りのものになります。

先ほどの例の場合だと、

「なるほどね。確かに仕事で忙しいのはわかってたのに、浮気を疑っちゃったりしてごめんね」

のような感じです。

自分から謝るなんてイヤ! という方もいるでしょうが、口喧嘩は最後に謝られたほうが勝ちです。ここはグッとこらえましょう。

自分が傷ついた背景を説明する

口喧嘩 勝つ方法

彼が感じている不満を解消したことによって、あなたにもうつけ入られる隙はありません。

一般的に女性は感情で動く生き物ですし、理論に基づいた女性の強い感情は無敵なので、あなたが抱いた悲しいor怒りの感情がどのような背景で湧き出てきたのかを彼に伝えましょう

先ほどの例であれば、「私は毎日20時に仕事から帰ってくるから、あなたが帰ってくる23時ごろまでの間の3時間を一切連絡がない状態で待っていたの。どうしても家にひとりでいるとあなたが何しているのか気になってしまい、だんだん不安になって、もしかしたら浮気しているんじゃないかってところまで思いつめてしまったの」といったところ。

男性は全体の要素を把握しない限り、自分の見えているものがすべてだと思ってしまいがちです。

このように伝えることで、彼を「自分が仕事で忙しいのになぜ彼女は心配なんかするんだ」という気持ちから、「自分が仕事をしている姿を彼女は見ているわけではないし、連絡がなかったから心配になってしまったのか」と彼女の気持ちを理解するフェーズに入らせることができます。

どの程度自分が傷ついたか説明する

口喧嘩 勝つ方法

自分が傷ついた背景を説明したあとは、あなたがどの程度悲しんだかを彼に伝えます

怒りを一気に放つことを我慢し、ここまで感情という切り札をためておくことで、男性が感じるダメージは最大まで膨れ上がります。

特に女性を泣かせてしまったという事実はよっぽど鈍感な男性以外は胸にくるものになります。

先ほどの例で言うならば、「不安が募りすぎてひとりで寝室で泣いてたの」のような言葉を伝えると、男性は「自分では大した問題でないと思っていたことがどれだけ相手に負担をかけていたのか」を理論づけて理解できるため、素直に自分の非を認めることができるようになります。

この流れをしっかりと守ればきっと彼は自主的に誠意のある謝罪をしてくれるでしょう

次ページ:彼氏との口喧嘩で注意すべきこと

SHARE