お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

気分屋な人の特徴と上手に付き合う方法。機嫌が悪くなったらどうする?

ひろたかおり(恋愛コラムニスト)

突然ドタキャンしたりする気分屋な人と付き合うと、まわりは振りまわされて疲れますよね。この記事では、気分屋な人の特徴と上手に人間関係を築く方法について、コラム二スト・ひろたかおりさんが紹介します。

気分屋な人との付き合いの注意点

気分屋な人とストレスなく付き合っていくには、どんな点に注意すればいいのでしょうか。

(1)機嫌が悪そうなときはそっとしておく

気分屋な人は、自分の感情を隠さないだけでなく、ネガティブな気分のままに行動することを悪いと思いません。

こちらが気を使って声をかけても、無視されたり「放っておいて」と冷たく返されたりするので、機嫌が悪そうなときは様子を見ておくにとどめましょう。

(2)大事な約束は念を押しておく

どうしても参加しないといけないイベントなどで気分屋な人がメンバーに入っているときは、「○○日の○○時だから、来てね」とLINEや電話で念を押しておきましょう。

気分屋な人は、そのときの気持ち次第で悪気なく約束をドタキャンしたり自分の都合を優先したりします。

すっぽかされたくない約束は、「大切なことだから、必ず来てね」と重要性をしっかり説明しておけば、気分屋な人であっても理解してくれる可能性が高まります。

(3)無理強いをしない

気分屋な人に対して、信用できないからと、つい「絶対に来てよね」と強い言い方をすることがありますが、これでは反発されて余計にドタキャンされることも。

本当に来てほしい大切な約束は念押ししておく必要がありますが、それでも、無理強いはできないと考えましょう。

「強制されている」と感じさせないように、来ることを強く言うのではなく「大切な要件」であることをしっかり伝えるのがベターです。

次ページ:気分屋な人とは、距離を置いた接し方を心がける

SHARE