お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

彼氏がいるのに男友達と遊んでいい? 浮気のボーダーラインとは

ウイケンタ(コラムニスト)

それでも遊びに行きたいですか?

ここで、あなたに問いたい。

あなたのことを「大好きです」と言ってくれ、1億人の中からあなたを見つけてくれた人、もしかしたら将来結婚するかもしれない、たったひとりの大切な愛する彼氏を不安にさせてまで男友達と遊びに行きたいですか? と。

そこであなたが「いやいやいやいや、やましい気持ちなんてないし。あの人とは彼氏と付き合う前からよく2人で遊びに行ってたけど何もなかったし。恋愛感情じゃないんだよね」と言うなら、僕は怒ってしまう。湧き上がる怒りを抑えきれない。あなたを正座させ、こう言うでしょう。「女よ、それはあなたの主張に過ぎない。男友達とあなたの歴史なんか彼にしたら『知らんがな』以外の何ものでもない」と。

そしてこう続けます。

「女よ、よく聞け。惚れた男ひとりと信頼関係も築けんのか」と。

結局、男と女なんて何があるかわからないのです。だから不安になるんです。

それなのに、そのことを「アノヒト、ワタシ、トモダチ」という自分だけの主張を振りかざす行為にはこれっぽっちも思いやりも優しさもありません。

下心があるとか、ないとか、そんなものは問題ではないのです。

愛する人を不安にさせてまでも優先したい異性との友情なんてこの世には存在しないです。

いい男友達とは、彼氏がいるあなたと2人で遊びに行こうとはしません。「僕と君は友達だけど、君には彼氏がいるし、不安にさせたりトラブルになったりするのは避けたいから、2人で会うのはやめておこう」と言うのが本当の男気ある友達なのです。

愛情の皮をかぶった束縛

繰り返しますが、彼がいるのに2人で男友達と遊びに行くのはよほどの信頼関係がない限りダメです。これは変わりません。

でもこれは友達を切り捨てろ、という意味ではありません。

友達付き合いは恋人がいようが大切にするべきです。グループでの遊びは、できれば行ったほうがいいと思います。

しかし、ここで問題になるのは「束縛」です。

極端にいえば「俺以外の男と連絡とるな」と言う男性、いますよね。いわゆる束縛が強い男性です。

束縛とは、する側にもされる側にもOKとNGのボーダーラインに個人差があって「これが正解」という答えを出すことが非常に難しい問題です。

束縛する多くの男性は、自分に自信がないのです。自信がなくて、いつあなたが自分の元を去ってしまうのか不安で不安でしょうがないのです。

彼からの強すぎる束縛も、あなたが「私、めっちゃ愛されているな」と受け止めることができ、それがあなたの安心感にもなっているのであれば平和なもんですが、ストレスになっている場合は危険です。

「LINEの返信は〇時間以内」など、2人の間だけで有効なしょうもない法律がたくさん作られ、最終的にはその法律で2人が苦しむという結果が待っています。

そうなったら、お別れまでのスピードはあっという間です。

ここを解決するには、ちょっと照れ臭い言い回しですが「愛情」しかありません。

「ダーリン、アイラビュー、アイニージュー」と、繰り返し時間をかけてこれでもかというくらい与えてあげるのです。

彼に足りないのは自信です。

愛情という名の安心を与え続けることが彼の自信に繋がるのです。その自信はいつか2人の信頼へと変化するはずです。

安心とか、信頼とか、愛情っていうのは、形もなければ数値で表せるものでもありません。

この正解のない問題に答えを出す一番の方法は、あなたからの愛情表現以外にはないのです。

ちなみに、ここまでやってるのに、逆にどんどん彼の束縛が強くなる場合、ストーカー気質がありますので刺される前に逃げてください。

(ウイ)

※画像はイメージです

※この記事は2019年05月12日に公開されたものです

ウイケンタ(コラムニスト) (コラムニスト)

38歳独身。物書き。『ハッピーエンドを前提として』(KADOKAWA)、『エンドロールのその後に』(大和出版)著者。オンラインサロン「喫茶クリームソーダ」オーナー。15年のサラリーマン生活を経て、現在は書評、ブログ、コラムなどを執筆。カレーと飲酒とゴールデンレトリバーが好き。

Twitter&Instagram @ui0723

この著者の記事一覧 

SHARE