お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 片思い

失恋に効く映画8選

ひろたかおり(恋愛コラムニスト)

つらい失恋。時間が解決するというけれど、なかなか前向きな気持ちを取り戻せずつらいですよね。そんなとき、いろいろな世界に没頭させてくれる映画は感情のデトックスに最適。いい作品を観てつらい心を癒やしましょう。この記事では、思い切り泣きたいとき、逆に元気になりたいときにおすすめの映画をご紹介します。

失恋すると、なかなか前向きな気持ちを取り戻せずに苦しいですよね。

そんなとき、いろいろな世界に没頭させてくれる映画は感情のデトックスに最適。

恋愛ものやアクション系、コメディなど、いい作品を観てつらい心を癒やしましょう。

思い切り泣きたいとき、逆に元気になりたいときにおすすめの映画をご紹介します。

とにかく泣きたいときに。失恋に効く映画

好きな人を失った悲しみは、とにかく泣いて発散させたい!

悲しい気持ちを洗い流してくれる「泣ける映画」をご紹介します。

『タイタニック』

あらすじ

1900年初頭。初めての航海に出た豪華客船「タイタニック号」はアメリカを目指す多くの人であふれていました。

希望を胸にアメリカでの新生活に向けて乗り込んでいた青年ジャックと、上流階級の娘ローズは、そんな「タイタニック号」で運命的な出会いをはたします。

身分に差がある2人でしたが、恋心は止められずにやがて愛し合うように。

が、船が氷山にぶつかったことから徐々に沈没がはじまり、2人の命も大きな危機にさらされます。

甲板で腕を広げるローズをうしろからジャックが抱きしめるシーンは有名ですね。

こんな人におすすめ

好きな人のためなら命も投げ出せる! 一途な愛に泣きたい人におすすめ

レオナルド・ディカプリオ主演、「泣ける恋愛映画」として多くの人が知っている『タイタニック』ですが、泣けるポイントはジャックがローズとの身分ちがいな関係で苦悩しながらも、最後は真っ直ぐに愛しぬくところ。

生きるか死ぬかの場面で自分より愛する人を守ろうとするジャックの姿には、一途さを超えた真摯な愛情を感じます。

URLはこちら

『シザーハンズ』

あらすじ

両手に鋭いハサミを持つ人造人間のエドワード。機械でありながらやさしい心を持つエドワードは、ある日街の娘キムを好きになります。

キムもエドワードに心を開き、いい関係を築けたのもつかの間、彼に嫉妬した男性の心ない行為から両手のハサミで人を傷つけることになってしまい、エドワードは屋敷に逃げ帰るのでした。

ハサミを活かした技で街の人にも愛されていたエドワードと、彼の純粋な心に愛情を覚えるキムの結ばれない話でありながら、あたたかい余韻を残すラストが印象的な作品です。

こんな人におすすめ

結ばれなくても愛する気持ちは変わらない。愛情を信じたい人におすすめ

若き日のジョニー・デップ主演で今も多くのファンが「泣ける映画」として名前をあげる『シザーハンズ』は、人造人間だけど賢明に人を愛そうとするエドワードと、その心を愛したキムの純粋な愛情が胸を打ちます。

結ばれることはない、だけど、愛してる。何年経っても変わらない愛情と、その奇跡に泣きたい人におすすめです。

URLはこちら

『orange-オレンジ-』

あらすじ

長野県に住む女子高生、菜穂のもとにある日届いた手紙。

それは、10年後の自分から「これから好きになる翔の命を助けて」というものでした。

身近な人の自殺、後悔と重いテーマを扱いながら、なんとか翔を救いたいと奔走する菜穂や友人の姿、そして翔の変わっていく様子など、精一杯いまを生きようとする主人公たちの姿が胸を打つ作品です。

こんな人におすすめ

未来を変えられるか!? ハラハラする展開と一途な恋心に泣きたい人におすすめ

土屋太鳳と山崎賢人の人気俳優が主演の『orange-オレンジ-』は、いわゆるパラレルワールドもの。現実ではありえないけれど、見どころは「好きな人を救いたい」という健気さ、一途さが全開で誰かを愛したときの強さを改めて教えてくれるところです。

甘酸っぱい青春ものでもあり、親との関係など重たい場面もありますが、シリアスなストーリーが差し込まれるおかげでどんどん感情移入できます。

URLはこちら

『世界の中心で、愛をさけぶ』

あらすじ

台風が接近していたある日、律子が見つけたのはいくつかのカセットテープ。

そこには、17年前に亡くなった亜紀の声が吹き込まれていて……。

17年前、当時高校生だった朔太郎と亜紀は、不器用ながらもお互いに強い愛情を持っていました。が、白血病におかされた亜紀に時間はなく、夢だったウルルへの旅も飛行機の欠航で叶わないまま、亡くなってしまいます。

病床で吹き込まれた最後のテープを渡されたまま、事故にあい朔太郎に届けられなかった律子はひどく後悔し、懺悔のために2人がすごした高松行きの飛行機に乗り込むのでした。

こんな人におすすめ

ひたむきに愛した記憶は、いつまでも消えない。文句なしの純愛に泣きたい人におすすめ

言わずと知れた純愛映画の名作、『世界の中心で、愛をさけぶ』は、余命いくばくもない中で懸命に愛する気持ちを伝えようとする長澤まさみさんのせつない演技が涙を誘います。

どうすることもできない苛立ちとすぎていく時間、朔太郎にできるのはただ亜紀を愛することだけ。

回想で振り返る当時と、律子の今の行動によって明かされる真実と、みんなひたむきに愛情を抱えていたんだ、とわかるこの作品は、ラストまで必見。

「誰かを愛すること」の深さに泣きたい人におすすめです。

URLはこちら

次ページ:前向きになりたいときに。失恋に効く映画

お役立ち情報[PR]