お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

結婚にもオススメ。「優しすぎる男性」の特徴と心理

ヨダエリ(コラムニスト)

優しすぎる男性との恋愛

では、そんな優しすぎる男性と恋愛や結婚をしたら、どうなるのでしょう? 「考えられない」「考える気になれない」という人が多いかもしれませんが、あえて踏み込んでみましょう。

優しすぎる男性と恋愛したらどうなる?

優しすぎる男性と恋愛といっても、そもそも恋愛感情がないのに……と思うかもしれませんが、生理的な嫌悪感さえなければ、そこはあまり重要ではありません。

なぜなら、付き合い出してから、あなたの中に恋愛感情が芽生える可能性があるからです。

優しすぎる男性はルールやマナーを重視するので、恋人同士になるまではあなたを異性として扱いません。でも、いざ付き合いはじめたら、もう恋人同士だし、と、これまでは隠していた男の顔を見せてくるはず。

恋人同士としてのスキンシップがはじまることで、あなたの中にこれまでになかったときめきが芽生える可能性も大いにあります。

そして、そもそも彼は慎重で、安定した日々を好むタイプ。良好な関係を壊す要素はできる限り避けようとするので、一度誰かを好きになったら、簡単に心変わりすることはないはずです。

優しすぎる男性と結婚したらどうなる?

結婚してからのことは、正直、付き合ってから考えたほうが的確な判断ができると思います。

が、「結婚してもうまくいきそうにない男性とは交際したくない!」という女性もいるかもしれないので、掘り下げていきましょう。

結婚の場合、男女としての相性に加えて、「どんな夫婦になりたいか」「どんな人生を送りたいか」といった価値観の合致も重要になってきます。恋人としての相性はいいけど結婚生活は無理、という男女も実際いるものです。

ただ、親しい友人として接してきた期間がそれなりに長いのであれば、2人の間に致命的な価値観のズレはない可能性が高いでしょう。意見が一致しないことがあっても、話し合いで解決できるレベルかもしれません。

また、優しすぎる男性は平穏な日々を好むため、浮気する確率も低め。結婚後も、あなただけを愛するよき夫となる可能性は高いと思います。

もちろん、結婚にはさまざまな要素が絡んでくるので、「優しすぎる」という点だけで楽観視するのは危険ですが、逆に「優しすぎる」というだけでネガティブに捉える必要もないと思いますよ。

「優しすぎる」を理由に切り捨てるのは、もったいない

恋愛対象になるかならないかをどこで判断するかは人それぞれ。「優しすぎる男性」を、どうしても無理と感じるなら、それは仕方ないと思います。

でも、一緒にいて気が合う男性を、「優しすぎる」という理由だけで切り捨ててしまうのは、とてもとても、もったいないです。「ときめかない」「刺激がない」などの物足りなさは、付き合ってみれば解決する可能性が大いにあります(これも私自身、経験があります)。

生理的に無理ではないなら、優しすぎる男性と付き合ってみるのも結婚相手の候補として考えてみるのも、オススメですよ!

(ヨダエリ)

※画像はイメージです

※この記事は2019年04月24日に公開されたものです

ヨダエリ(コラムニスト)

コラムニスト/恋愛アナリスト。慶應義塾大学文学部卒業後、PR会社勤務を経てフリーに。思春期はドイツ在住。メトロセクシャルについて分析したコラムが『AERA』『anan』など多数の媒体で話題になると同時に、携帯サイトで連載していた恋愛相談コラムが口コミで人気に。現在は新聞・雑誌・ウェブでライフスタイルやトレンド、男女の心理にまつわる記事を執筆するかたわら、エキサイトお悩み相談室で電話相談も実施。著書に「その恋、今のままではもったいない!」(情報センター出版局)「今度こそ『信じられる人』と恋愛する本」(すばる舎)「本命カノジョ研究所~ダヨリンの恋愛相談室~」(電子書籍)など。

●ブログ「cafe dayorin」
https://ameblo.jp/dayorin/

この著者の記事一覧 

SHARE