お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 出会い

アラサー処女率は3人に1人。経験がないことに悩む女性たちへ

鈴木涼美

あなたは「アラサーで処女であること」に悩んでいませんか? 昨今の25~34歳の処女率は約3人にひとり。「処女が恥ずかしい」「男性からどう見られているか気になる」と悩む女性たちへ、元AV女優で作家の鈴木涼美がコンプレックスとの向き合い方を伝えます。

日々新たな出会いへの期待を胸に、街を闊歩していた10代や20代になったばかりのころ。

一方、アラサーにもなれば出会い限られてくるし、ちょっといいななんて思う人がいても既婚者だったり彼女がいたりするし、そもそも想いを寄せたところでそうそううまくなんていかない、とネガティブに学習してしまって、恋愛に対して皮肉な気持ちになるのはよくわかります。

特に長らく恋愛やセックスから遠ざかってしまうと、それらは私には関係のないことなんだ、と後ろ向きに小さく絶望してしまいがちです。

アラサー処女率は「3人にひとり」の昨今

実は日本人で、性経験がない成人女性というのは少なくありません。

厚生労働省の2015年の出生動向基本調査を見ると、25~29歳で性経験のない女性の割合は32.6%。30~34歳でも31.8%。アラサー女子の実に約3人にひとりがセックスの経験がないということになります。

男性の場合もそうなのですが、90年代までの経験率というのは基本的に微増を繰り返しており、未経験のまま30代になる人は減少傾向にありました。しかし、2000年ごろを境にその傾向が止まり、性経験のないアラサー割合は増えている傾向にあるのです(※一部減少している年もあり)。

「昔の処女」と「今の処女」は異なる

歴史を遡れば、ほとんどの女性は結婚をするまで性経験がない、というのが一般的でした。

その代わり、結婚の年齢は今よりもずっと若かったわけですが、時代によっては婚前に性体験をするというのは特に上流階級の人間にはご法度。家同士の約束で決まる結婚が性経験や恋愛経験と一致する、というのが戦前の常識でした。

婚前交際や未婚の男女の同棲などが一般的になってきたのはつい最近。また、結婚についても家同士の都合ではなく本人の意思が優先されるのが普通になりましたから、昔の処女と今の処女ではその意味合いが随分ちがいます。

今の処女の理由は「自由恋愛」

好きでもない人とお見合いして結婚し、性経験をする時代から、自分で好きな人を探し、結婚するかしないかは別として、お互いの気持ちが合えば性経験をする時代への変化。

恋愛の自由度や個人の尊重は進んだといえますが、強制的に性経験のきっかけとなる結婚をあと押しされることもなくなり、恋愛において個々の力によるところが非常に重くなったともいえます。

そして、男性から女性を誘うのが普通、という価値観も崩れつつあります。

女性だからといって待っているだけで男性との交際の話が舞い込むわけではない。総合的に見れば、自分から積極的に動かなければ、男性との恋愛や性経験が突然やってくるということがない時代になったといえるでしょう。

学生時代や職場の環境によっては、自分から出かけなければ男性と出会うことすらない、親がお見合い相手を見つけてくるわけでもない、そんなある種の時代の厳しさが、未経験のアラサー女性を一定数生んだ理由かもしれません。

次ページ:年齢を重ねるごとに処女がコンプレックスになる理由

お役立ち情報[PR]