お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

間違いなく男ウケする服【20代・30代別】

二宮ゆみ

男ウケNGファッションはこれ!

袖には腕を通せ

ライダースでもカーディガンでも、とにかく肩からかけるだけスタイル、このごろよくみかけます。でもこれ、男性ウケ悪いです。ヤメろ、って面と向かって言われたこともあります(笑)。

あれね、「自分、かわいい♡」と思っている感がモロに出てる、と、とられるようです。

……かわいいと思ったっていいじゃん!!

と、空に向かって叫びたくなりますが、そこはあえてグッとこらえて、「それなりに気を使ってるけど、そんなかわいいとか自分で思ってないですうー」くらいの謙虚さを、世のメンズに伝えていかねばならないようです。つらいぜ!!

胸を強調するなら、見られることを覚悟して

これ、男性と飲んでいるとよく話題になります(笑)。

胸を見せてるクセに、男性を「何、わたしの胸見てんの?」的な目で見るな、と。

見られたくないならサラシ巻け、と。

言わんとしていることはなんとなく理解できるので、あきらかに肌面積の多すぎるショートパンツや「それもう胸見えてるんじゃない?」レベルの深Vネックを身につけたときは、ボランティアの気持ちで足も胸も見ていただきましょう(笑)。

ごちゃごちゃ見えるコーデはNG

ライダースに、ファーに、クリスチャン ルブタンのとげとげのパンプス。

上のコーデはよく私がするスタイルですが、ほんとにまったくモテません(笑)。カワイイのに。

男性のみなさまは基本的に、眩しかったり、フォーカルポイントがたくさんあったりする服が苦手です。

女性誌から抜け出たような組み合わせよりは、ワンピースにカーディガンのような「いいところのお嬢様スタイル」のほうが、はるかにウケがいいです。

メイクも服も、モテを狙うなら男性誌に載っている女性モデルを参考にするといいですよ。びっくりするほどメイクも服も女性誌とちがいます。

デートでの好印象は服装が9割

ファッションはフィッティング命。次にカラーコーディネート。

同じアイテムでもサイズ別で試着する。色ちがいはすべて肌にあてて確かめる。

ここまでの季節別のモテ服イメージがなんとなくつかめたら、あとは鬼のように試着するのみです。

独断と偏見で好き勝手に提案してまいりましたが、結局、着こなしに一番重要なのは「経験」だったりします。

運命のデートにむけて、モテ服の審美眼を鍛え、男ウケ戦闘力53万のクローゼットを完成させちゃいましょう♡

(文:二宮ゆみ、イラスト:ヤベミユキ)

※この記事は2019年04月12日に公開されたものです

二宮ゆみ

元人気ホステスのブロガー・コラムニスト。ホステス歴10年を活かした恋愛テクニックが好評。著書『元人気ホステスの恋愛ルーティン モテテク☆さ・し・す・せ・そ』が絶賛発売中。
公式ブログ:http://ninoyumi.com/
この著者の記事一覧 

SHARE