お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

かわいい後輩止まりは嫌。先輩男性との恋を叶える方法

タイガモンスター

好きな先輩男性へのアプローチ方法

それでは、具体的にどうアプローチをすれば、先輩男性に付き合う気になってもらえるのでしょうか?

(1)仕事上で困ったときに頼る

先輩に頼ることの重要性については散々述べていますが、やはり同じ会社の先輩・後輩関係でもっとも手軽にアプローチができるのは、「仕事上で困ったときに頼る」だと思います。

仕事を手伝ってもらうというリターンを先にもらうことで、お礼をするというギブがしやすくなります。

「この前手伝っていただいて助かったので、今度お礼をさせてください!」といった会話の流れがスムーズにできるため、効果的だと思いますよ。

(2)プライベートの相談を持ちかける

仕事の相談だけでなく、プライベートの相談をすることで、仕事だけの関係という認識からプライベートのことも知る関係という風に認識が変わります。

さらに、プライベートの情報を共有することで、2人の共通言語が生まれ、その後の会話のネタが増えるという効果も出るので有効ではないでしょうか。

(3)よく笑い、自然なタメ口を混ぜる

これは実際に僕がキュンとすることなのですが、後輩が僕と話しているときによく笑ってくれて、ふとしたときに敬語を忘れて「タイガさん、ほんとおもしろーい(笑)」「え、今度連れてってほしい!」みたいにフランクなタメ口が出てくると、その子との距離感が縮まった気がします。

後輩だけど、ときおり同い年の子と話しているような気分にさせてくれると、異性として意識するかもしれないです。

(4)好意を匂わせる

異性として見てもらうためのファーストステップは、「ただの後輩」というエリアを抜けることですよね。

「もしかしたら、俺のこと気になってる……?」と思わせるくらいの距離感になるために、すれちがうたびに元気にあいさつをしたり、渡す資料などにフセンでひと言添えてみたりと、若干の好意を匂わせてみましょう。

(5)ギャップを出す

後輩を恋愛対象に見るきっかけになる上で一番重要なのは、やはりこれだと思います。

「年下なのにしっかりしている」「かわいらしいのにお酒が好き」といったギャップは、割と簡単に見つけ出せるものですし、一気に印象を変えるものなので、自分だったらどんな方法で「ゲインロス効果」を生めるのかを分析してみてはいかがでしょうか。

次ページ:後輩という立ち位置は、うまく利用すれば最強のポジションになる!

SHARE