お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

キスマークをつける男性心理とは? 部位別キスマークの意味

小日向るり子

キスマークをつける場所に隠された意味とは?

実はキスマークをつける場所によって、彼氏がどんな心理や意味のもとそれをつけたのか、考察することができます。

ここでは場所別の心理をくわしく見ていきましょう。

(1)首筋は「関係を公にしたい」

首筋にキスマークをつける意味は「関係を公にしたい」

首はキスの状態から少し下がるだけでつけることができ、気分が盛り上がる場所でもあります。

しかし、他人から見える箇所なので実際につけるとなると躊躇する人が多いでしょう。

それでもつけるというのは関係性を公にしたいという強い意志です。また、理性が飛ぶくらい愛し合った際に思わずつけてしまうということもあります。

(2)喉は「強い愛情」

喉にキスマークをつける意味は「強い愛情」

喉のキスマークに隠れているのは、少し荒っぽい独占欲です。まさに「噛みつきたい」くらい強い愛情の表れ。

また、彼の嫉妬感情を刺激する出来事があったあとなど、お仕置きの意味合いを込めてつけられる場合もあります。

(3)胸は「ほかの男性への威嚇」

胸にキスマークをつける意味は「ほかの男性への威嚇」

胸は女性の性の象徴です。

したがって、胸へのキスマークは「彼女に近づいても絶対に身体の関係は許さない。この女性の身体は俺だけのものだ」という強い独占欲とほかの男性への威嚇としてつける場合が多いです。

(4)お尻は「強いフェチシズム」

お尻にキスマークをつける意味は「強いフェチシズム」

胸と同じくらい女性のお尻は色気を感じる箇所ですが、あえて胸ではなくお尻にキスマークをつける男性は「お尻フェチ」(女性のお尻にフェチシズムを感じる)な場合が多いです。

つまり独占欲というよりは趣味嗜好的な感覚が強いのです。この心理は足にキスマークをつける場合も同様です。

(5)腕は「愛おしさ」

腕にキスマークをつける意味は「愛おしさ」

女性の二の腕はやわらかいため、そのプニプニとした感触に愛おしさを感じて思わずつけてしまう男性が多いです。また比較的簡単にキスマークをつけることができる部位でもあるため、恋愛初心者の男性がつける傾向にある箇所でもあります。

ただ、手の甲はまったく違う意味となり「尊敬」「親愛」といった要素が強くなります。

(6)背中は「男性の自己満足」

背中にキスマークをつける意味は「男性の自己満足」

背中は自分では見えない部分です。したがって、男性自身の自己満足の感情からつける場合が多いといえます。

「彼女さえ知らない自分だけのマーキング」という感覚で優越感にひたるのです。

また、お尻同様に女性の背中のラインにフェチシズムを感じて思わず唇をつけてしまうケースもあります。

(7)お腹は「母親への回帰願望」

お腹にキスマークをつける意味は「母親への回帰願望」

お腹へのキスマークは回帰願望があるといわれています。

そこに唇をつけるとお母さんのお腹の中にいるときのような安心感を得ることができるのです。女性はお腹まわりの肉を気にする方も多いですが、意外とそのやわらかさに女性らしさと愛おしさを感じる男性は多いです。

次ページ:キスマークをつけられたくないときの断り方

SHARE