お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 片思い

もしかして「恋愛依存症」? 特徴と克服方法【診断あり】

熊谷佐知恵(心理カウンセラー)

大好きな彼と一緒にいて幸せなはずなのに、常に怖れや不安がつきまとう。

経済的にも精神的にも自立していたはずの女性が、恋愛をきっかけに相手に依存しすぎたり、自分を見失ってしまったりしたことがあるようです。

あなたも「もしかして、これって恋愛依存症?」と不安を抱えていませんか?

今回は、心理カウンセラー熊谷佐知恵が、恋愛依存度診断を通じて、原因や克服方法についてご紹介します。

「好き」と「依存」の違いとは?

「好き」は、自分に軸があり、相手のことも考えられること。

「依存」は、相手に軸があり、自分のことしか考えられないこと。

「好き」が、「隣にいてくれたらうれしい」だとしたら、「依存」は、「一緒にいてくれなきゃ無理!」。極端に言うとそんな感じでしょうか。

「好き」と「依存」の違いには、「好き」が主体的に湧き上がるポジティブな感覚であるのに対し、「依存」が強くある場合には、その「好き」にもいろんな意味や解釈をくっつけている人が多いな、と感じます。

たとえば、「こんなに一緒にいたいと(渇望感を)感じるのは、あの人を好きだから」とか。恋愛依存傾向の人には、その感じ方にもどこか余裕のなさや切迫感があります。

よく「嫉妬するのは好きだから」と考える人もいますが、嫉妬は独占欲から来るもので、どちらかというと「好きでいてほしい」という欲求です。

相手が忙しいときに「寂しい、会いたい」という気持ちを相手に伝えるか伝えないかということを例にあげるなら、素直に気持ちを伝えるのも「好き」だからといえますが、そこで拗ねたり怒ったり、相手を困らせてしまったら、それは「依存」です。

「好き」が愛情に育っていくときに、自分の身勝手な独占欲で相手のことを傷つけたくない、苦しめたくないと相手を思いやれるだけの自制心も芽生えるものです。

独占欲と愛情との間で葛藤しながら、自分と相手を思いやり、上手にバランスをとっていくことが、大人の恋愛なのかもしれませんね。

次ページ:恋愛依存の原因

お役立ち情報[PR]