お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

見逃さないで。男友達の好きサイン7つ

さかもとみき(恋愛コラムニスト)

男友達にはこうアプローチを【7STEP】

友達への恋は、普通の恋愛より慎重に攻めなければなりません。まず、友達以上恋人未満を目指し、その上で一手をしかけましょう。では、実際に、どんなLINEや行動をしていくか解説していきます。

下準備

まずは、好きになってもらうための準備から始めましょう。
参考記事はこちら▼

まずは異性として意識させるコツを押さえましょう。

男友達の恋愛傾向や今の気持ちを把握する

彼は今彼女がほしいのか、どんな子が好きなのかなどをストレートに聞きます。過去の恋愛の話から彼の恋愛の傾向を探るのもありです。

参考記事はこちら▼

こっそり彼の好みのタイプを探る方法を解説します。

彼の好みに変身する

彼の好みがわかったら、彼にとっての「いい女」を目指しましょう。まずはダイエット、髪型、服装などで変身し、だんだん行動も彼好みに寄せてみてください。

参考記事はこちら▼

自分磨きのコツを元ホステスの専門家が解説します。

2人きりで会う回数を増やす

会う回数を重ね、一緒にいるのが普通になると、友達以上恋人未満の席に座れます。恋人になるにはあと一歩です。

参考記事はこちら▼

女性からデートに誘うコツを解説します。

アプローチ

続いては、具体的なアプローチ方法を紹介していきます。

参考記事はこちら▼

男友達と恋人になる方法を詳しく解説します。

LINEが途切れない関係になる

常に連絡を取り合うような関係を目指します。1日に何度もLINEする必要はありません。ポイントは途切れないこと。プレッシャーをかけない言葉を選び、居心地のいい、長く緩くつながっていられる関係をつくります。

参考記事はこちら▼

頼る、甘える、褒めたおす

仲よくなってきた時点で、頼る、甘える作戦を実行していきます。ポイントは、「俺がいないとダメな女の子」だなと思わせること。同時に、彼を褒めたおし、一緒にいるといい気分にさせていきます。

参考記事はこちら▼

男性を褒めるコツを解説します。

特別な日にプレゼントを渡す

誕生日やクリスマス、バレンタインデーなど、恋愛的な意図を感じさせる日にプレゼントを渡すのも効果的。「あなただけ」が伝わるアイテムを選びましょう。

ポイントは、重くない特別感! 恋人に渡すほどの気合いは入れず、ラフに「え、これって……?」と意識させるくらいのアイテム選びが重要です。

参考記事はこちら▼

具体的に何を渡したらいいか、おすすめアイテムを紹介します。

あと戻りできる範囲でボディタッチする

距離が近く、居心地がいい、そして自分を頼ってくれる友達以上恋人未満の女友達になれたら、次は攻めです。ホラー映画を見て寄り添う、落ち込んでいるときに抱きしめてもらう、泣きそうなときに胸を貸してもらうといった、友達でもセーフな接触をしてみてください。

参考記事はこちら▼

上手なボディタッチのポイントを解説します。

友達の距離感を利用し、最後に「女」として意識させる

友達から恋人になるのは一見ハードルが高そうですが、段階を踏んで詰めれば逆転の可能性はおおいにあります。付き合えば、お互いをよく知っているので安定した関係も築きやすいでしょう。

ポイントは、まずは色気をおさえて友達以上恋人未満を目指し、最後の最後で女の色気スイッチを入れ、意識させること。

今は無理そうと思ったら、友達のままで、相手の失恋などタイミングも待てます。友達だからとあきらめずに、恋人を目指してぜひアプローチしてみてください。

(さかもとみき)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2019年3月1日~3月2日
調査人数:395人(22~34歳の働く未婚男性)

男友達が脈ありか診断したいあなたへ

男友達が脈ありかどうか知りたい場合は、こちらの診断もチェック!

【男友達脈あり診断】サインを見逃してない?

この片思いは実る? 両思い度診断

気になるあの人はどう思ってる? 「脈あり度」診断

※この記事は2019年03月20日に公開されたものです

さかもとみき(恋愛コラムニスト)

広告代理店、旅館勤務を経て転勤族妻としてフリーライターになったアラサー。のった恋愛相談は100件を超え、ダメ男を渡り歩いた過去の失恋と相談経験を活かして多数の恋愛記事を執筆。個別に恋愛相談やデートのアドバイスなども行っている。

【Twitter】https://twitter.com/mikimiki060606
【Instagram】https://www.instagram.com/sakamotomiki516/
【個人サイト】https://sakamotodappantyu.com/

この著者の記事一覧 

SHARE