お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 片思い

男性にかわいいと思われる「LINEアイコン」

二宮ゆみ

男性ウケの悪いLINEのアイコン

男性ウケの悪いLINEのアイコン……怖いですね。

いい面をアピールしたいハズなのに、逆効果になっている。そんな事態はできれば避けたいですよね。

基本的に「誰かわからない」アイコンはNGと、大雑把に覚えていただければけっこうです。

以下の具体例を参考にして、まさかの展開にならないように気をつけて!

(1)子どものころの写真

モテたいのであれば、一瞬で誰かわからない画像は使わないほうが無難です。

昔の面影が色濃く残っていたとしても、子どものときの写真は今より絶対かわいいので、あえて今を低く見せるモノを使う必要もないと思います。

思い出話としての昔の写真は、仲よくなってから個人的に!

(2)化粧ポーチなどの持ち物

化粧ポーチやお気に入りの小物の写真は、男性からすると「自己陶酔していそう」と思うそうです。

(3)イラスト

イラストはよっぽど特徴をとらえていない限り、あまりおすすめしません。

ぱっと見誰かわからない人から連絡がきたら、一瞬「ん……? 誰だっけ……?」と首をかしげます。

その手間を相手にかけさせない少しの気づかい、大事です。

(4)集合写真

自分を!!

もっと!!!

主張して!!!!

というひと言につきます(笑)。

ただでさえ小さいアイコンなのに、米粒のあなたを探すなんて無理ゲーすぎます。

(5)ワインは地雷

「私、こんなお高いワインをいつも飲んでるんですー高級なオンナなんですー私を誘うなら気合入れてこいよっ」というマウンティングなんだなと男性に思われます。

大がつくお金持ちしか視野にいれておりません、というガツガツ女子以外は、ワインを筆頭に「超高級」風味が漂う光景をアイコンにしてはいけません。地雷中の地雷ですので、お気をつけくださいませ。

次ページ:LINEのトップ画はどうしたらいい?

お役立ち情報[PR]