お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 片思い

女性から誘ってもOK! 食事デートを成功させる誘い方

マドカ・ジャスミン

ステップ1:デートに誘うタイミング

さっそくデートに誘おうと決心しても、アレコレと考えてしまうのが女心。

平日、休日、昼夜、一体いつ誘ったらいいの? 直接かLINEどちら? 相手と仲がそこまでよくないけど誘っていいの? と悩みは尽きませんよね。

どのタイミングだと、成功率が上がるのか。その答えは……

ないです。

逆の立場になって考えてみてください。友人ぐらいの好意を抱いている男性から、デートの誘いがあったとすれば、それがほぼ初対面だとしても嫌な気にはならないはず。

不安で悩みすぎる気持ちもわかりますが、頭でっかちになって誘いを躊躇し、無駄な時間が過ぎ去っていくほうがデートを断られるよりも遥かに恐ろしいです。

あなたが悩んでいる最中にも、相手に彼女ができてしまう可能性だってあるのですから。

あえていうならば、LINEで誘う場合、25時から翌朝6時の時間帯に誘うのは×。その時間帯だと、お酒の勢いで連絡してきたと捉えられてしまうので避けましょう。

ステップ2:食事デートの誘い方

肝心の食事の誘い方がわからない? 問題ありません。

以下の5つのポイントを抑えるだけで、あなたからのお誘いは成功したも同然です。

(1)「2人で会いたい」と伝える

重要です。

ただ食事に誘っても、友人関係が長かったり、知り合ったばかりの仲だったりすると、「誰か誘う?」と提案されかねないです。

なので、きちんと「2人で会いたい」という旨を伝えましょう。

(2)日程の大まかな候補を出しておく

社会人同士だと、平日休日問わず、予定は詰まっているもの。

なので、こちらからある程度の日程候補を知らせると、相手のスケジュール確認の手間も省け、気遣いを感じさせることもできるので好感度が上がります。

(3)仕事の忙しさを気遣う

脳科学の分野において、男性脳はひとつのことにしか集中できない「シングルタスク」であるといわれております。

なので、付き合っている女性相手だとしても、仕事が忙しいと会わなくなる人も多いぐらいです。

「仕事が忙しかったら大丈夫だからね」などのひと言を加えておきましょう。

(4)行きたいお店を用意する

真っ向からデートに誘うのが恥ずかしくても、「このお店に行ってみたくて」と言えば、それを理由にできるのでおすすめです。

単価が高すぎず、あまりハードルの高くないお店を選ぶが吉。社内の彼だとしたら、仕事後に行きやすいオフィスの近くのお店にすると、成功率がグンと上がります。

(5)彼女の有無はライトに聞いておく

デートが決まったとしても、後々彼女がいたともなれば、時間の無駄以外の何物でもありません。

難しいことは考えなくてOK。誘う前に「そういえば、彼女さんいる?」とライトに聞くだけで、違和感なく確認が取れます。

誘うなら「直接よりLINE」

直接誘うよりも、LINEだと相手に考える時間を与えられる=相手に余裕が生まれるので、特にあまり接したことのない相手ならLINEで誘うほうがおすすめ。

上記5つのポイントは必須です。

次ページ:断られたときの対処法は「めげないこと」

お役立ち情報[PR]