お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 片思い

「本命彼女」と「都合のいい女」の決定的なちがい

マイナビウーマン編集部

好きな人の「本命彼女」でありたいですよね。自分がされている扱いを知ることで「本命彼女」か「都合のいい女」として見られているかがわかるかもしれません。

そこで、今回は社会人男性のみなさんが思う「本命彼女」と「都合のいい女」のちがいについて聞いてみました。

会話に差が出てしまう

・「本命彼女は自分が本当に尽くしてもいいと思う人で、都合のいい女は表面上の付き合いだけにする」(30歳/建設・土木/事務系専門職)

・「都合のいい女には、世間話しかしない」(39歳/その他/その他)

本命彼女には自分の身の上話や相談もする中、都合のいい女には中身のない話しかしないなんて意見もありました。本命彼女になるには相談される関係になることが必須なようです。

好きな人とのイベントは大事にしたい

・「本命では記念日や好きなものやことを覚えているが、都合のいい人ではすぐに忘れてしまう」(37歳/情報・IT/技術職)

・「本命は大事なイベントに会うところ」(35歳/医療・福祉/専門職)

誕生日はもちろんクリスマスや記念日などのイベントは、本命彼女と過ごす男性が多いようです。デートなどを繰り返している男性から特別な日に誘われない場合、都合のいい女と思われている可能性も高そうです。

将来を考えているかが重要

・「本命彼女は、結婚したあとのことを考える。都合のいい女は今だけを考えている」(31歳/小売店/販売職・サービス系)

・「将来を考えているかいないかのちがい」(23歳/情報・IT/販売職・サービス系)

本命彼女の場合はしっかりと将来を考えているかが重要みたいです。将来を考えられる様な女性になるには、軽い誘いには簡単に乗らないほうがいいかもしれません。

お金の掛け方が圧倒的に異なる

・「本命はお金も時間も惜しまない。都合のいい女にはすべて惜しむ」(39歳/自動車関連/その他)

・「本命彼女には、ブレゼントなどしますが、それ以外はしません」(38歳/運輸・倉庫/その他)

本命彼女にはプレゼントしたり奢ったりするが、都合のいい女にはできれば払いたくないという意見が多数でした。毎回の食事やデートの費用が割り勘、もしくは多く支払っている場合は、都合のいい女と思われているかもしれません

まとめ

「本命彼女」と「都合のいい女」では男性の対応にかなりの差があることがわかりました。本命彼女になるには、何かをしてあげたい! 悩みを聞いてほしい! と男性に思われる女性になることが重要なようですね。

(マイナビウーマン編集部、イラスト:カーリィkaarii/@akari_0119

※画像はイメージです

※ マイナビウーマン調べ
調査日時:2019年1月28日~2月4日
調査人数:411人(22~39歳の働く未婚男性)

お役立ち情報[PR]