お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

お泊りデートなのに生理になった! 彼への上手な「伝え方」

神崎桃子(体験型恋愛コラムニスト)

「どうしよう、生理になっちゃった……」
「予定日じゃないのに……」

楽しみにしていた彼とお泊りデートなのにいきなり生理が来ちゃった……なんてことは女子特有のあるあるですよね。

自分が悪いわけじゃなくとも罪悪感が生まれるのは、お泊りデートとなるともれなくエッチがついてくるからでしょう。

「どうしよう……彼になんて言おう」
「お泊りは断ったほうがいいのかな」
「でも、断るのは変かな」
「彼、ガッカリするかな」

……と生理のことをなかなか言い出せないという女子からの悩みは多いのです。

今回はお泊りデートと生理が重なってしまったときはどうしたらいいのか、恋愛コラムニスト・神崎桃子がレクチャーしましょう。

お泊りデートを楽しみにしているのは「男性も同じ」

男性はお泊りデートに向けてあれこれリサーチし彼女が喜ぶようなデートプランを立てるものです。

「この水族館でイルカショー観て、ここで食事して、夜景を展望して……夜はこのホテルに」なんて計画したりします。

いつもは帰さなくてはいけない彼女を「今夜は帰さなくともいいデート」をするとなれば男性のテンションは確実に上がっているのです。

普段のデートのときは毎回彼女を求めるわけにはいきません(笑)。時間的に難しいことや、金銭的な事情もあるでしょう。

ですが、本音は彼女と会うたびにエッチしたいのが男というもの!

お泊りデートに期待をふくらませるのは当然のことです。

「お泊り」となれば、時間を気にせずたくさん彼女を抱きしめることができます。朝起きると好きな人の顔が隣にあることは男性だってうれしいのです。

彼女に「生理」だと告げられたときの男性の本音

思い切りイチャイチャしようと楽しみにしていた分、残念な気持ちはあるでしょう。

しかし、多くの男性はそのガッカリ感をモロ出ししたり、「え? マジで?」などと不満を漏らしたりはしません。

「本当の彼氏」なら微笑んで受け入れる

まさに“顔で笑って心で泣いて”……。ショックは受けても涙をのんで「そっか、仕方ないねっ」と微笑んでくれるのが「本当の彼氏」というものです。

彼女を大切にしている男性にとってエッチすること自体が付き合う目的ではないからです。

自分の欲求を満たすことよりも彼女の体調を気遣ってくれることでしょう。

ただ男性にとって何より困るのはその場で言われることなのです。身体の準備ができているのに高ぶる気持ちをストップさせなきゃなりませんから(笑)。

「お預け」をくらわすなら彼にはなるたけ早い段階で生理であることを告げるべきでしょう。

「体目当ての彼」は女性を責める

生理になってしまったことを告げた途端、露骨に嫌な顔をしたり機嫌を損ねたりするような男性であれば今後の付き合いは考え直すべきでしょう。

予定じゃないのに来てしまったという予期せぬ事態に

「先に言ってよ!」
「なんでわからなかったの?」

と責めるような男性は女性を大切に扱う気がありません。

また、

「エッチができないなら会うのはやめよう」
「日を改めよう、終わったら教えて」

とデートを即座に中止にしようとするような男性もあなたを大事に想ってくれる彼ではありません。

彼女を好きな男性にとってエッチできるかできないかは二の次……。彼女に会えるなら会いたい、生理になっても会う予定は変えたくないと思うのが普通の彼氏です。

会うことまでやめてしまうような男性は「エッチできなければ会う意味がない」と言ってるも同然。

本来はあなたに「会うこと」が何よりの目的でなければならないのに、その彼にとっては「エッチが目的」となっているのです。注意しましょう。

「今日生理なの」の伝え方&伝えるタイミング

好きな彼を困らせないために生理であることを伝えるのは、なるたけ早めであるべきでしょう。

「言いづらい」「切り出せない」とギリギリまで言わないほうが男性にとっては酷なことです。早めに教えれば彼も対応策が取りやすくなります。

また、あなた自身がどうしたいかも伝えるべきです。

生理のときはあくまで自分の体調を優先させましょう。

(1)デート自体をキャンセル・リスケしたい場合

生理が重いときは歩き回ることはおろか、立っていることさえも辛いはずです。

デート自体が難しい場合は「生理が来ちゃってすごくおなかが痛いの」「生理中はイライラしてしまうの……」「この状況だと迷惑かけてしまうから」と彼に具体的な症状を説明しましょう。

生理の辛さや状況がわかれば、彼だって納得してくれるはずです。

「ごめんね、次回のお泊りを楽しみにしてるね」と彼に会いたかった旨も合わせて伝えましょう。

彼も「残念だけど無理しないでいいよ。体調が万全なときに会おうね」と言ってくれることでしょう。

(2)デートはするがお泊りをキャンセルしたい場合

デートはできてもお泊りは難しいこともありますよね。

下着や洋服も気になりますし、泊まるとなれば持ち物も増えてしまうでしょう。

また、出血量によってはベッドやシーツなどを汚してしまうかもしれませんし、泊まり先のトイレや浴室事情なども気になるもの。汚物の処理だって心配ですよね。

彼の部屋でお泊りの約束をしていたら尚更でしょう。

「女性としての身だしなみが気になる」「汚してしまうのが怖くて眠れない」など泊まれない理由を教えましょう。

そして「でも、2人のデートは楽しみたいの」「あなたには逢いたいの」と添えればいいのです。

(3)デートもお泊りもしたいがセックスはしたくない場合

せっかく彼とお休みを合わせて約束したのですから、お泊りデートでできるだけ彼と長い時間一緒にいたいと思うのは当然のこと。

しかし同時に自分の身体のことを考えると生理中のエッチは避けたいでしょう。

それに女性にとってはエッチという行為そのものよりも、彼とのスキンシップで愛を感じることのほうが多いものです。

2人でピタっとくっついてベッドの上でおしゃべりしたり、彼の腕のなかで寄り添って寝たり……なんてことで幸せを噛みしめたいですよね。

ですから彼には

「できないけれど、一緒の朝を迎えたい……」
「『おはよう』のキスがしたい」

と伝えましょう。

彼女に「あなたと一緒に過ごすことが幸せだから……」と言われてうれしくない男性はいません!

彼にとってもきっとエッチの有無は関係ありません。エッチができなくとも少しでも長くいようとしてくれるのが愛なのですから……。

生理中の彼女への接し方でわかる「いい彼氏」「NG彼氏」

生理になってしまった彼女に対して不機嫌になるならもちろんNG彼氏といえますが、「俺は構わないよ」と無理に求めてくるような彼氏はもっと最低です。

自分の欲求を優先して、あなたの身体や心を傷つけるような男性は彼氏としてふさわしくありません!

むしろ、女性の生理による苦しみに理解を示してくれたり、女性の身体の仕組みを知ろうとしたりしてくれる男性であれば本物です。

「どこが痛いの?」と心配して聞いてくれたり、腰やおなかをさすってくれたり、身体が冷えないように配慮してくれたり、温かい飲み物を入れてくれたり……そういう思いやりのある男性なら生理のときだけでなく日ごろからあなたの身体のことを気にかけてくれる彼なのでしょう。

「生理になっちゃった……」ときこそ彼の本性が見える

「楽しいときよりも、自分が弱っているときこそ相手の真意がわかるもの」by神崎桃子

彼の前ではいつも明るく笑っていたいものですが、女性の身体は元気な日ばかりではありません。生理だけでなく、PMSの症状がしんどいときもあります。

そんな女性特有の体調の変化を「たいしたことないだろ」で無視するような彼なら付き合うのはやめといたほうがいい。

エッチができなくとも、体調を考えたデートプランに変更してくれたり、女性の身体を労ろうとしてくれたりするような彼ならこの先も安心できるでしょう。

生理や身体の不調はあなたの彼のリアルがわかるチャンスでもあります!

あなたが「生理になっちゃった……」と伝えた瞬間の彼の反応から、相手が“本物彼氏”かどうかしっかり見極めてみてくださいね。

(神崎桃子)

※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]