お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

男性心理を理解。やり逃げされない「たったひとつのポイント」

ラブホの上野さん

やり逃げされないためのたったひとつの方法

軽い女というのはデートの回数で決まるものでは御座いません。

軽い女とは「やり逃げされる可能性が極めて高い状況でエッチをしてしまう女性」のことを指す侮蔑表現なので御座います。

女性はやり逃げされることを非常に嫌い、男性はやり逃げされる女性のことを「カモ」と思うので、どちらからもマイナスの評価をされてしまうのでしょう。

それでは具体的にどのような状況でエッチをするとやり逃げされてしまう可能性が高くなってしまうのでしょうか?

「知らない相手」ほどやり逃げのリスクは高まる

ここで先ほどの2人の女性の話を思い出してみてくださいませ。

同窓会エッチの女性とマッチングアプリエッチの女性。

同窓会エッチの女性はデートの回数こそ0回で御座いますが、小学校の同級生ですので相手の素性をしっかりと知っていることでしょう。

相手の自宅を知っている可能性も高いですし、もしかすると相手のご両親とも面識があるかもしれません。

それではこのような状況で男性がやり逃げをしたら一体どうなるでしょうか?

いくらでも相手を追い詰める方法があるのです。

実際に行使するかどうかはともかく、相手の実家に押しかけることも、相手の両親に訴えることも、相手の友人に悪評を流すこともできるでしょう。

こんな状況でやり逃げをする男性はまずおりません。

一方マッチングアプリでエッチした女性の場合、やり逃げをされたとして、女性は一体どのようなことができるでしょうか?

相手の家も知らなければ相手の会社も知らない。

それどころか相手の名前すらろくに知らないのです。

探偵にでも頼めば復讐も可能かもしれませんが、一般的には泣き寝入りするしかないといえるでしょう。

そんな状況であれば、男性は心置きなくやり逃げが可能で御座います。

つまり情報。

「相手についてどれだけ知っているか」ということこそが、やり逃げされないためにもっとも有効で重要なポイントであるといえるでしょう。

次ページ:何回目のデートでエッチをすればいいの?

SHARE