お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「モテたいだけの男」に要注意! モテたい心理と特徴5つ

井上敬一

要注意!? 「モテたいだけの男」を見極める特徴5つ

「モテたい」という感情は男性にとって自然な感情ですが、相手に対して愛情もないのに女性にアプローチをするモテたいだけの男性は要注意です。

このタイプはいくつかに分類することができます。タイプ別に、心理の分析、行動パターンについて解説します。

(1)自分が優位に立っていたい「遊び人タイプ」

自分が好きになるよりも、相手に好きにさせることで、2人の関係性において優位に立ちたいと考えるタイプです。

パワーバランスで優位に立つことで、相手に束縛されることなく、自由でいることができます。このタイプは「自由でいたい」という欲求を強く持っています。

口説き方はパリピ的で、最初はノリもよく悪い気はしないのですが、女性側がその気になると、とたんに興味を失うことがあります。

このタイプの男性は、相手を振り回す傾向にあるため、「今日会える?」と急に連絡してきたり、相手よりも自分のやりたいことを優先したり。デートでも自分の行きたいところへ行くことが多いです。

(2)とにかくマメで献身的「さみしがり屋タイプ」

このタイプは「つながりたい」という欲求を強く持っているさみしがり屋です。

このタイプにとって、モテるということは「相手に受け入れられた」「つながれた」という充実を意味します。

人とのつながりをモテることで証明したいのです。いつも彼女がいる人、いつも誰かと一緒にいたいという人はこのタイプに当てはまります。

口説き方はとにかくマメ。夜中に急に電話してきたり、付き合う前から毎日連絡をくれたりするなど、「つながりたい」という欲求ゆえの行動を取ります。

女性が精神的に弱っているときなどは、このタイプの男性を受け入れてしまうことが多いといえます。

(3)付き合ったら急に冷たくなる「ゲーム感覚タイプ」

このタイプの男性にとって、モテることは「自分がやっていることの正しさの証明」です。

口説いてうまくいった、会話で相手を楽しませた、相手を落とすための戦略がうまくいった、といった満足感をモテることで確認したいのです。

女性を口説くときには、いろいろなところへ連れて行き、話題も豊富で、女の扱いに慣れている人が多いです。

しかし、付き合い始めると態度が一変し、急に冷たくなり、連絡をする頻度も下がります。いわゆる釣った魚に餌をやらないのが、このタイプです。

ワンナイトだけの関係で終わるのもこのタイプが多いといえます。

(4)相手を自分色に染めたい「自己顕示欲タイプ」

とにかく力の証明をしたいのがこのタイプです。相手のことが好きというよりも、モテることで、雄として認められたい人といえます。

女性に対して非常に理想が高く、相手にその理想を押しつけます。

自分がいかにいい女を連れているかにフォーカスしているため、とにかく面食いです。彼女を自分の色に染めたいという欲求が強いため、エスカレートすると、場合によってはDVに走るケースもあります。

女性を口説くとき、自慢が多いのがこのタイプです。自分の地位の高さやお金などを見せつけ、お店は行きつけの高級店に連れて行き、常連ぶります。

(5)過剰なまでに献身的「サポータータイプ」

相手の役に立ちたい、貢献したいという思いが強いのはこのタイプです。

女性を喜ばせるにはどうしたらいいかと常に考え、細かなところまで気がまわります。

ただし、男らしさに欠けるため、少し物足りなさを感じる女性も。「結婚にはいいけれど、異性としては何か物足りない」と感じることもあるでしょう。

このタイプは、お土産をことあるごとに買ってきたり、女性が好きなアーティストのチケットを取ったり、とにかく相手が喜びそうなことはなんでもやって口説こうとします。

いつも女性の心配をしているため、病気になると薬を家まで届けに来て、病院にも付き添おうとします。

一見すると、相手のことを思っての行動に思えるかもしれませんが、この行動が過剰な タイプの男性は、相手に尽くし、相手を喜ばせている自分のことが好きなのが特徴です。

次ページ:「モテたいだけの男」を好きになると間違いなく苦労する

SHARE