お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

意味が変化してる!? 「こじらせ女子」とは。特徴と脱却方法

ぱぷりこ(恋愛コラムニスト)

思い込みを捨て、多様な女性像を知ることが解決のカギになる

こじらせ女子の多くは、周囲からの呪いじみた「女はこうあるべき」論に縛られている人が多いです。「周囲が言うことは正しく、自分は間違っている。でも苦しい」という痛みが、「こじらせ」という形になって表れます。

もし「自分はこじらせ女子かもしれない、苦しい」と感じているなら、自分を苦しめる「女らしさ」を知り、それ以外の「女らしい女性」を知ることが解決の道につながります。周囲にこじらせ女子がいるなら、彼女たちを縛る呪いについて知ることが、相互理解の一歩。どちらの立場にしても「多様性のある価値観と環境」がカギを握ります。

こじらせ脱出には時間がかかりますが、情報と金と筋肉によって、ある程度の緩和はすぐにできます。まず情報と金と筋肉に頼り、理想と現実のギャップを縮め、自分らしくいられる環境や人との出会いを探しに行けばよいでしょう。

(ぱぷりこ)

※画像はイメージです

※この記事は2018年09月05日に公開されたものです

ぱぷりこ(恋愛コラムニスト)

ブログ『妖怪男ウォッチ』を書く、アラサーOL。恋愛魔窟で出会った妖怪男女をブログで供養している。特技は悪霊退散、方違え、お焚き上げ。

ブログ『妖怪男ウォッチ』:http://papuriko.hatenablog.com/
Twitter:@papupapuriko

この著者の記事一覧 

SHARE